スマホに無線接続も、フルHD対応プロジェクター

日経トレンディ

大画面で映画やスポーツ中継などを楽しみたいと考えたとき、候補に挙がるのがプロジェクターだ。リビングルームなどにスペースを確保できれば、手軽に100型超の画面を投影できる。

家庭用のプロジェクターは、DVDプレーヤーを一体化したエントリー向けモデルから、4K対応のハイエンドモデルまで多彩な製品が販売されている。今回取り上げるのは、そのなかでも最も売れ筋といえる、フルHDに対応したエントリークラスのプロジェクターだ。

「ドリーミオ EH-TW5350」(エプソン)は2015年8月に登場した新モデル。従来モデルより輝度やコントラスト比が向上し、より明るい映像を映し出せるという。比較対象にしたのが、2013年に発売された「ドリーミオ EH-TW5200」。

本体サイズはTW5350の方が僅かに大きいが、設置スペースはほぼ同じ。スペック上は明るさおよび、コントラスト比が大きく向上したのがポイント。レンズの前に手動のカバーを内蔵したり、台形補正機能を搭載するなどといった点は共通している

スペックだけを見ると発売されたばかりのTW5350に劣る部分もあるが、量販店などでの実勢価格は約8万8000円と9万円を切るのが大きな魅力だ。TW5350(実勢価格約10万2000円)との価格差は約1万4000円。価格差と性能差をどう見ればいいのか、検証した。

手軽にスマホと連携

TW5350が進化したポイントの一つがスマホの写真などをスクリーンに投影できるワイヤレス機能だ。専用アプリからWi-Fi接続できる他、スマートフォン(スマホ)向けのワイヤレスディスプレー機能「ミラキャスト」やパソコン向けの「WiDi」などを使ってワイヤレス接続ができる。

TW5350では新たにワイヤレス機能を内蔵。スマホなどとケーブルなしで接続できる。専用アプリを使ったWi-Fiダイレクト接続の他、ワイヤレスディスプレー技術「ミラキャスト」や「WiDi」に対応している。高画質化機能として、上位クラスのプロジェクターで採用される「フレーム補間」と「イメージ強調」機能も搭載した

TW5200もワイヤレス機能に対応していたが、別途専用のアダプターを用意する必要があった。しかし、TW5350はワイヤレス機能を本体に内蔵。手軽にスマホやタブレットと連係できるようになった。

実際の手順は、ミラキャストに対応したスマホなどから、映像の出力先としてTW5350を選ぶだけ。スマホの映像を簡単に大画面のスクリーンに投影できるのは非常に新鮮。出力が向上した内蔵スピーカーの音質もまずまずで、YouTubeなどの映像を大画面で見るといった用途に活用できそうだ。

HDMIの分岐ケーブルを使って映像を同時にチェックした他、80型サイズでパソコンの画像を投影して精細感なども見た。映像は新モデルのTW5350のほうが比較的明るく、被写体の影の部分も潰れずに表現できていた。ただ、TW5200の画質も上々で、並べて比べなければそれほど気にならないレベルといえる。TW5350では明るい部屋に向いた画質モード「ブライトシネマ」を新たに搭載。コントラストが強く、メリハリのある映像を楽しめた
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
コストパフォーマンスは旧機種が圧倒
MONO TRENDY連載記事一覧