ヘルスUP

日経Gooday 30+

がん専門医が薦める 「現実的ながん検診」の選び方

2015/10/12

日経Gooday(グッデイ) カラダにいいこと、毎日プラス

 その言葉は、ある日不意に言い渡される。「がん」。次の瞬間、多くの人は「死」を初めて実感し、我が人生を改めて振り返る。今は日本人のおよそ半分が、なんらかのがんにかかる時代。がんをきっかけに診察室で繰り広げられる人間模様とともに、がん治療の最前線を歩み続ける森山紀之・東京ミッドタウンクリニック健診センター長がつづる、現代人に贈る生き方の道しるべ。

■「できるだけ早くがん検診を受けてください。そして継続を」

 これまでに、がんと診断された患者さんやその家族について、さまざまなエピソードをご紹介してきました。手術を経て今も元気に暮らしておられる人がいる一方で、もう少し早くがんを発見できれば、別の人生もあったかと思える方も少なくありません。

 がん治療の効果を判定するうえでは、診断された後に治療が開始されてから5年後に生存している人の割合を示す「5年後生存率」を、1つの医学的な指標にしています。現代のがん治療は、がんだと診断された後の「予後」を統計的に踏まえ、最善の治療を選択していくことになります。

 当然ながら「5年後生存率」は、がんが発症した部位、進行の度合い、転移の有無、悪性であるか否かなどによって大きく異なります。統計的に見ると、進行がんでステージが進んでいた場合は、やはり予後も悪くなる傾向があります。反対に言えば、早期に発見してすぐに治療を開始すれば、良好な予後を期待できます。

 長らくがんの専門医として多くの患者さんと接してきた私の考えを申し上げると、「できるだけ早くがん検診を受けてください。そして検診は継続してください」と読者のみなさんにお伝えするほかありません。

 10月は、厚生労働省が推し進めている「がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン」の期間でもあります。そこで今回からは、私が考える『現実的ながん検診の受け方』についてご紹介していこうと思います。私の経験を通じて、みなさんが抱えている「がん検診」を受診するうえでの疑問や悩みを解決する助けになればうれしい限りです。

■まずは日本人に多い「胃」「肺」「大腸」のがん検診を

 さて、ひと口に「がん検診を受けよう」と推奨しても、実際には「どんな検診を受ければいいのか」といった悩みを抱えている人は多いに違いありません。

 それもそのはずで、市町村などの自治体が行う検診をはじめ、がん総合検診、さらには健康診断や人間ドックのオプションで部位ごとに受けられるものなどがあります。また、検査する方法も様々。X線検査(レントゲン)、CT(コンピューター断層撮影装置)検査、MRI(磁気共鳴画像装置)検査、PET(陽電子放射断層撮影装置)検査、内視鏡検査、超音波検査(エコー)、血液マーカー、喀痰(かくたん)検査、便潜血検査……などなど。皆さんが、“お手上げ”になるのも致し方ありません。

 そこで、私がお薦めしているのが、まずは、日本人の罹患(りかん)率が高い「胃」「肺」「大腸」を対象としたがん検診を受診することです。女性ならば、先の3つに「乳がん」「子宮がん」の検診を加えるといいでしょう。女性特有のがんについては、また別の機会にご紹介します。

 先に挙げた「胃」「大腸」「肺」の3部位は、「罹患率」が高い半面、近年の医療の進歩によって「発見率」も飛躍的に上がり、早期治療も進んでいます。例えばステージ1で発見された場合の「5年後(相対)生存率」を見ると、胃がん97.0%、大腸がん98.7%、肺がん80.4%となります(数字は全がん協が発表した「部位別臨床病期別5年相対生存率 2001-2003年症例」)。

 こうした数字になじみがない皆さんにとっては、「ステージ1」をひとくくりに見てしまいがちですが、そこには発症したばかりのがんから、「ステージ2」に近いものまでが含まれています。進行するほどに予後が悪くなる傾向があることからも、同じステージ1でも、できるだけ早期に発見して治療を開始することの有効性がおのずとお分かり頂けるでしょう。

 では、具体的にどのような検診をどう選んで受ければいいのか。「胃」「大腸」「肺」の順にお話ししていきましょう。これらは自治体のがん検診に取り入れられている、いわば「基本のがん検査」でもあります。

■胃がん~レントゲンを基本として、隔年で内視鏡の検査を加える

 胃がんは日本人が罹患するがんの中では最も多く、発症する数は残念ながら世界でもトップクラスです。ただし、こうした背景から早期発見の医療態勢が整い、早く見つければ予後も良好な代表的ながんでもあります。検査する方法は、主として「レントゲン」と「内視鏡」になります。

胃がんのステージ別に見た「5年後相対生存率」 出典:「全がん協部位別臨床病期別5年相対生存率(2001-2003年症例)」のデータを基に編集部で作成

 自治体などのがん検診ではレントゲン検査が主流である一方、人間ドックでの胃がん検診などでは内視鏡検査(胃カメラ検査)を取り入れている場合が多く、レントゲンと併用している病院もあります。

 では、どちらの検査方法がいいのでしょうか?

 直接患部を見ることのできる内視鏡の方が、レントゲンよりも発見する精度が高そうに思われるかもしれませんが、実はどちらも発見率という点では大きく変わりません。今のレントゲン検査は精度も上がり、かなり早期のがんでも特定することができます。一方の内視鏡は、レントゲンには映らない超早期のがんや小さなポリープを見つけるのに最適です。

 検診を受ける時間や予算の制約があるということであれば、まずは自治体のレントゲン検診を受けてみてはいかがでしょうか。検査時間が短く、検査費用の補助もあり、自治体によっては1000円程度の自己負担だけで受けられるコスト的な恩恵もあります。可能なら、レントゲンを基本の検査としながら、隔年で「内視鏡」の検査を加える。もしも、50代から60代へと、いわゆる“がん年齢”が進んできたら、内視鏡検査に比重を置くのがいいでしょう。

検査方法メリットデメリット
胃X線検査(レントゲン)
自治体検診などでの主流の検査(居住地域や年齢に応じて、無料、または500~3000円程度の自己負担で受診できることが多い)
低い自己負担で検査が受けられる
8枚前後の撮影で終わるため、検査時間が短い
超早期の胃がんは見つけにくい
内視鏡検査(胃カメラ)
東京ミッドタウンクリニックで受診した場合の費用は2万7000円(税込・消化器ドック:上部消化器コース)
超早期のがんを探すことができる
内視鏡での治療ができる
身体的な負担がかかる
検査時間が10~15分程度かかる

■大腸がん~大腸内視鏡の検査を、2~3年に一度受診する

 食生活の欧米化などに伴い、日本人に増え続けているのが大腸がんです。昨今では、女性におけるがんの「罹患数」でこそ乳がんに譲るものの、「死亡数」では1位にまでなりました。

大腸がんをステージ別にみた「5年後相対生存率」 出典:「全がん協部位別臨床病期別5年相対生存率(2001-2003年症例)」のデータを基に編集部で作成

 検査する方法は主に「便潜血検査」と「大腸内視鏡」がありますが、主流は前者の方です。会社で受ける職場健診などでも便を採取する検査があるかと思いますが、その目的は同じです。便に含まれた血液の反応によって、腸での炎症による出血からがんの有無を判定するものですが、以前、この連載でも取り上げたように、この検査は必ずしも万能だとは言い切れません。

 潜血反応が出ると「要再検査」の判定が出ますが、その原因の多くは痔(じ)によるもの、便秘や硬い便などで腸を傷つけて血が混ざったケースです。さらに現在の検査の精度では、がんが「陽性」であるにもかかわらず、そのうちの13%程度は「陰性」と判定されてしまう欠点があります。こうしたエラーを防ぐために、昨今では2回法、3回法……と便を採取する回数を増やしているわけです。

 幸い、大腸がんは比較的進行が遅い傾向があるため、1、2年で急激に病状が進むことはあまりありません。そこで、大腸内視鏡の検査を、2~3年に一度、加えることをお薦めします。

 腸の中はその複雑な形状に加えて、腸壁にはハウストラ(結腸膨起)というでっぱりがあります。こうした要因で、内視鏡検査の“死角”となる見つけにくい場所にがんが発症することもあります。大腸がんは自覚症状がほとんどないことが災いし、かなり進行してからでないと見つからないことも、死亡数を増やしている要因です。こうした事態を避けるためにも、定期的な大腸内視鏡検査を受診することをお薦めします。自治体や職場健診などでの「便潜血検査」を2年続けたら、翌年は「大腸内視鏡検査」を受診する組み合わせが、現実的な予防策だといえるでしょう。

検査方法メリットデメリット
便潜血検査
自治体検診、職場健診などでの主流の検査(職場健診ならば無料。居住地域や年齢に応じて、無料、または500~3000円程度の自己負担で受診できることが多い)
費用が安い
職場健診などでも採用されている
13%の確率で、「陽性」のがんが見落とされる可能性がある
痔などによる出血であっても「陽性」と判定されることがある
便の採取が、2、3回と手間がかかる
大腸内視鏡検査
東京ミッドタウンクリニックで受診した場合の費用は4万3200円(税込・消化器ドック:下部消化器コース)
出血があれば原因が特定しやすい
がん化する恐れがある腫瘍・ポリープがすぐに処置できる
費用がやや高い
前夜からの絶食、当日の下剤の服用など、体の負担がやや高い
がんが発症した場所によっては見つけにくいことも

■肺がん~レントゲンでの発見率は25%、ヘリカルCTでの検査を

 最後に、肺がんです。罹患数は男性でみた場合は3位ですが、死亡数は1位です。ここまで紹介してきた「胃」「大腸」のがんと比較すると、ステージ1で発見された場合の「5年後(相対)生存率」が80%と低いのも特徴です。検査方法には、胸部の「X線検査(レントゲン)」「喀痰検査」「ヘリカルCT」などがあります。

肺がんをステージ別にみた「5年後相対生存率」 出典:「全がん協部位別臨床病期別5年相対生存率(2001-2003年症例)」のデータを基に編集部で作成

 一般的な肺がん検診ではレントゲンと、喫煙歴や年齢に応じて喀痰検査を加えるのが主流です。ですが、これらの検査は、超早期段階における発見が難しいため、発見できたとしても、胃がんや大腸がんと比べて予後の改善につながりにくいとの難題を抱えていました。そこで、「より早く、もっと初期にがんを発見できないか」という目的で誕生したのが、私が開発に携わったヘリカルCTなのです。

 もちろん、肺がんを見つけるためのX線検査(レントゲン)は、現代のがん検査でも有効性を認められているものです。ですが、レントゲンで確認できるがん細胞は20mm以上であることが多く、発見された時点までに進行していると、そこから急速に病状が進む傾向が強い。しかも、発見できるのは、早期がんを含めた肺がん全体の25%程度だとされています。肺の中の場所によっては、胸郭や背骨、心臓などがレントゲンに映り込むために、画像で特定するのはとても困難なことも多いのです。

 こうした背景からも、昨今ではヘリカルCTによる肺がん検査が広く行われるようになってきました。呼吸をおよそ10秒止めてもらう間に、肺全体を精緻に撮影することができるものです。ヘリカルCTが登場した当初は10mm前後のがんでも発見できましたが、昨今ではさらに精度が上がり、2~3mmの間隔で体内を撮影することが可能になり、肺がんの早期発見に貢献しています。ヘリカルCTによる検診で早期に発見できた場合は、今では「5年後(相対)生存率」が90%以上にもなりました。

 現在の死亡数1位である現状から考えると、ヘリカルCTでの肺がん検診は、誰もができれば毎年受けるべき検査だと私は考えています。なかには検査による放射線の被曝を気にする人もいるようですが、3年ほど前に被曝線量を極端に下げられる技術が開発されています。

検査方法メリットデメリット
レントゲン(胸部X線検査)
自治体検診、職場健診などでの主流の検査(職場健診ならば無料。居住地域や年齢に応じて、無料、または500~3000円程度の自己負担で受診できることが多い)
費用が安い
検査時間がかからない
早期を含むがんの発見が難しい
発見された時点で進行している場合が多い
心臓、背骨などの器官の映り込みなとで見落としが起こる場合がある
ヘリカルCT
東京ミッドタウンクリニックで受診した場合の費用は1万9440円(税込・検査を受ける場合は、法定健診1万2960円<税込>などの基本検査のオプションとして選択が可能)
2~3mm程度の早期がんでも発見可能
体への負担が小さく、数分で検査が終わる
検査費用がやや高い
ヘリカルCTを導入している大型病院、専門クリニックで受診する必要がある

■がん検診を受け始めたら、毎年続けること

 いかがでしょうか。1つの部位のがんを検査するには、多層的に検査方法を組み合わせることで、より発見率が高められることが、お分かりいただけたのではないかと思います。

 ご参考までに、がん検診で何かと取り上げられることが多いPET検査についても述べたいと思います。胃がんに対するPETの診断能は高いものではなく、また大腸がんに関しても胃がんよりは診断能は高いが、内視鏡検査と比べると診断能は十分といえません。肺がんについては、現在のPETはほとんどがPET-CTとなっているため、PET-CTによる検査であれば早期発見のためには十分だといえます。

 最後に、がん検診を受診して「異常なし」だったからといって安心してはいけません。検査を受けた翌日に、がん細胞があなたの体のどこかにできてしまうこともあるのです。あるいは検査を受けた時点では超早期だったために、不幸にも見落とされてしまう可能性も否定できません。40代、50代、60代と年齢が上がるにつれて「がんの発症リスクが高まる」という現実を認識することが大切なのだと思います。

 とにかく、がん検診を受け始めたら、毎年続けること。検査費用の負担があるならば、自治体での検診を上手に組み合わせながら、2~3年の周期で重点的に調べる年を設けることもお薦めです。

推奨する「がん検診」のスケジュール例
(同一部位における検査の順序は不同)
胃がん大腸がん肺がん
1年目胃X線検査 ※1便潜血検査 ※1ヘリカルCT検査
2年目胃X線検査 ※1便潜血検査 ※1ヘリカルCT検査
3年目内視鏡検査内視鏡検査ヘリカルCT検査

※1:職場健診、もしくは自治体検診を利用

(まとめ:平林理恵=ライター)

Profile 森山紀之(もりやま のりゆき)
東京ミッドタウンクリニック健診センター長、常務理事
東京ミッドタウン先端医療研究所あきらめないがん治療外来医
1947年、和歌山県生まれ。千葉大学医学部卒。76年に国立がんセンター放射線診断部に入局。同センターのがん予防・検診研究センター長を経て、現職。ヘリカルスキャンX線CT装置の開発に携わり、早期がんの発見に貢献。2005年に高松宮妃癌研究基金学術賞、07年に朝日がん大賞を受賞。主な著書に「がんはどこまで治せるのか」(徳間書店)。

ヘルスUP新着記事

ALL CHANNEL