不妊治療のために転職 今、2人目流産を乗り越えて

日経DUAL

子どもが生まれるまでは、仕事に目いっぱい没頭できた。産休・育休中は、育児に専念できた。それが…いざ仕事に復帰すると、仕事と育児の両方が日々降り掛かってくる。どちらも大事、どちらも最優先。そんなとき、皆さんは何を選び、何を諦めているのでしょうか。バリバリでもゆるゆるでもない働き方のワーママに、リアルな体験、心の内を語ってもらいます。

【今回のワーママ】C・Mさん

年齢:33歳

業種(職種):広告(広報・営業・経理)

住まい:東京都江東区

子どもの年齢:2歳

仕事と育児をしていくために、私が選んだもの、諦めたもの

選んだもの…心身に余裕を持つための時短勤務

諦めたもの…2人目の子どもを授かるための不妊治療

不妊治療のために今の会社に転職 娘を授かって2人目の不妊治療を開始

私は、不妊治療のため、現在の会社に転職しました。婦人科系に問題を抱えており、治療を受けなければ妊娠は難しいと言われています。「子どもを持つ」という夢をかなえるために、不妊治療や育児と仕事の両立にも理解がある今の会社に転職を決断しました。

顕微授精で授かった娘が2歳になった昨年秋、2人目を授かるための不妊治療を始めました。

私が通っていたクリニックは不妊治療に定評があり、常に混雑していたうえ、徹底した治療管理体制を取っているので、指定された日に必ず受診しなければなりません。万が一、自己都合で受診できなければ、治療を中断されてしまいます。

待ち時間をできるだけ短くするには、朝7時前にクリニックに着く必要があり、夫に協力してもらいました。娘を保育園に送っていくだけでなく、朝起きてから子どもにごはんを食べさせたり、着替えや髪を結ぶなどの準備を頼んだこともあります。ただ、どうしても私は会社に到着するのが遅くなり、遅刻が増えてしまいます。会社にも理由を話して許可をもらいました。

治療の甲斐あって妊娠しましたが、妊娠2カ月を前に出血。自宅の一室で絶対安静の日々が続きました。母親に甘えたい盛りの娘は心が不安定になり、毎日泣いてばかり。仕事を調整し、連日早めに帰宅して娘の世話をしていた夫も、心身ともに限界の状況でした。

そんな中、2人目の子どもを流産してしまいました。家族みんなにとって、本当につらい経験でした。

夫婦で話し合い、娘にこれ以上の我慢を強いるのは酷だと考えて、2人目の子どもを持つことを諦めました。不妊治療に理解を示してくれた会社に対し、「再度治療を始めるので、また遅刻させてください」と頼むのが心苦しいという思いもありました。

今も、ママ友が2人目を授かったという話を聞くと嬉しい気持ちの一方で、どうしても切ない気持ちが湧いてきます。でもこれからはもう無理をすることなく、家族3人でできるだけ楽しい毎日を過ごしていくつもりです。

時短勤務で「チャンスを逃している部分はある」

家族で動物園へ。夫は家事・育児に協力的で、早く帰宅できるときは子どものお迎えや入浴、食器洗いなどもすすんでやってくれる

現在の勤務時間は、8時半から16時までの時短勤務。小さな会社なので、広報から営業、経理まで何でもこなします。会社の社長は「子どもが小さいうちはマイペースに働いてもいい」と言ってくれているので、気持ちも体力も無理をせず、余裕を持っていられるのは本当にありがたいです。通常、広報や営業は遅めの時間のアポイントも多い職種ですが、私は遅くとも16時までの予定しか入れることができません。そのことで、チャンスを逃している部分はあると感じています。仕事に充てるエネルギーをセーブしなければならないことも事実。

体育会系の風土がある職場なので、例えば営業なら「がむしゃらに数をこなす」タイプの社員が多いのですが、私は戦略を立ててピンポイントに仕事をし、時間の制約をカバーするよう工夫しています。

残業ができず、周囲との関係が気まずくなったことも

昨年、会社の新事業立ち上げに伴い、記者発表会を開催しました。私が責任者だったのですが、やらなければならない業務が多過ぎて、毎日お迎え時間ギリギリまで働いても追いつかない状態に。自宅に仕事を持ち帰り、早朝・深夜に作業をしました。娘もまだ「赤ちゃん」だったので、頻繁に泣いては目を覚まし、寝かしつけてはまた仕事…の繰り返しで、思うように進みません。

周りの社員にも手伝ってもらったのですが、「責任者のくせに残業をしないなんて」と反感を持つ人もいたようで、一時期関係が気まずくなったこともありました。

幸い記者発表会は成功し、広報担当としてメディアへの売り込みなども工夫した結果、テレビ番組や新聞記事で新事業について取り上げてもらうことができました。

娘と一緒にテレビや新聞を見て、「これはママの会社が作ったんだよ」と言えたときは、大変だった分、本当に嬉しかった。

時短勤務でも仕事で実績を上げることができたという喜びに加え、誇りを持って自分の仕事を子どもに見せられたという満足感も味わうことができました。

「ママ、お仕事がんばったの?」もうすぐ3歳の娘も働くことを応援してくれる

山梨県で田植え体験。のびのびと走り回ったり、かえるを見つけて興奮したり、娘にとって貴重な経験になった様子

夫はもともと家事・育児に協力的なので、子どもの入浴や着替え、食器洗い、掃除など、できる限り手伝ってくれます。平日の家事分担は、私:夫=6.5:3.5くらいでしょうか。夫の会社は裁量労働制を取り入れているので、早く帰れるときは娘のお迎えを任せることもあります。ただ、子どもの身の回りの世話に関しては、娘が「ママの方がいい」と言うこともあり、平日の育児は8~9割を私が担当しています。

娘は、この秋3歳になります。保育園で元気に過ごせるように少しでも早く寝かせたい、私自身も疲れていて早く休みたい…という思いから、夕食やお風呂、寝かしつけの時間に急かしてしまい、後で反省することがあります。

することがたくさんあると、どうしてもイライラしがちですが、子どもを叱るのは、わざと悪いことをしたときや、人に迷惑をかけたときだけにしようと決めています。親の気を引きたくていたずらをしたり、ごはんを上手に食べられなくて服を汚したりしたときなどは叱らないように心がけています。毎日必ずぎゅーっと抱きしめて「大好き」と言うなど、スキンシップも大切にしています。

最近では、私が働いていることを子どもなりに理解しているようで、「ママお仕事がんばったの? ○○ちゃんも保育園楽しかったよ」などと言ってくれることがあります。「母親が仕事をして、自分が保育園に預けられている」という事実を肯定的に捉え、受け入れてくれているのだと感じ、とてもうれしいです。

これからもずっと、子どもに誇れるような仕事をしたい

子どもとの時間を代償にして働いているという思いはありますが、罪悪感を抱えながら仕事をしていたら、その気持ちは子どもに伝わってしまうと思います。保育園にわが子を預け、一緒に過ごす時間を減らしてまで働くのだから、「つらい」「大変」とマイナス面にばかり目を向けるのではなく、制約がある中でも、子どもに誇れるような仕事をしていたい。

そして家に帰ったら「ママはお仕事でこんなことがあったよ」「○○ちゃんも保育園でこんなことして遊んだよ」とそれぞれの一日を報告し合い、明るい気持ちで時間を過ごす。そうすることで、仕事の時間も、家庭の時間も、自分にとって大切な時間になると思っています。

(ライター 高橋三保子:Waris)

[日経DUAL 2015年6月30日付の記事を再構成]