異性、同性… 恋愛対象は「脳の性別」で決まる

日経Gooday(グッデイ) カラダにいいこと、毎日プラス

聞きたかったけど、聞けなかった。知ってるようで、知らなかった。日常的な生活シーンにある「カラダの反応・仕組み」に関する謎について、真面目にかつ楽しく解説する連載コラム。酒席のうんちくネタに使うもよし、子どもからの素朴な質問に備えるもよし。人生の極上の“からだ知恵録”をお届けしよう。

あなたはどんな人に心ときめかせるだろうか。

一般的には、男性は女性を好きになり、女性は男性を好きになる。でも、現実にはそうでない人たちも、もちろんいる。男性のことが好きな男性、女性のことが好きな女性、そして両方が好きな男性と女性も。こういった違いはどうして生まれるのだろうか。埼玉大学大学院理工学研究科生命科学部門准教授の塚原伸治さんに聞いてみた。

「男性と女性では見た目も違うし、体の中の構造も違います。例えば女性には子宮や卵巣があって子供を産むことができますが、男性にはそういった臓器がなく、もちろん、出産もできません。生物学的な男女の違いは歴然としてあります。実は、脳にもこのような性差があり、それが異性を好きになるか、同性を好きになるかという『性的指向』を決めているのです」

なるほど、好きも嫌いも理由は脳の中にあり、というわけだ。

脳の「前視床下部間質核」の大きさが性的指向を決める?

塚原さんによると、性的指向を左右しているのは、脳の「前視床下部間質核」(ぜんししょうかぶかんしつかく)という場所だという。何やら難しい名前だが、視床下部という言葉は聞いたことがあるかもしれない。脳のほぼ真ん中の間脳という場所にあって、体温調節やホルモン分泌、摂食、性行動などをつかさどっている器官だ。ここの一部分である前視床下部間質核は、異性を好きになる“異性愛男性”と、同性を好きになる“同性愛男性”では、そもそも大きさが異なっているという。

脳の中には男性と女性で大きさなどが異なる部位がある。塚原さんの資料を基に作成

「この部分は、男性の方が女性よりも神経細胞(ニューロン)の数が多く、大きさも2倍以上あることが分かっています(大きさを左右する原因は不明)。ところが、同性愛男性の場合は、異性愛男性よりも小さく、女性とほぼ同じ大きさだという報告があるのです。男性でこの部分が小さいと、女性が男性を好きになるように、男性も男性を好きになると考えられるわけです」(塚原さん)

なお、同性愛の女性に関しては、研究報告がないため、はっきりしたことは分からないそうだ。

心の性別は脳の違いで決まる

また、視床下部の少し上の方に位置する「分界条床核」(ぶんかいじょうしょうかく)という場所も、男女で違いがあるそうだ。ここは自分が「男である」と感じるか、「女である」と感じるか、いわゆる「性同一性」に関わる部位だという。

この部分も男性の方が女性より神経細胞が多く、容積も大きい。異性愛男性でも同性愛男性でも、それは同じだそうだが、男性から女性に性転換をした人は、女性のように小さいことが確認されているという。つまり、体は男性でも、心は「自分は女性だ」と思っている、そのような場合は、分界条床核も女性型だと考えられるわけだ。

「私たちは体の違いがそのまま性別だと考えがちですが、実は心(脳)にも性別があり、それは必ずしも体の性別とは一致しません。これは脳の中の構造に違いがあるからで、そういった脳の性差は『性的二型核』(せいてきにけいかく)と呼ばれています」と塚原さん。

要は、「体が男で心も男」の人もいれば、「体は男でも心は女」の人もいる。女性の場合も、またしかり。体と心の性別の組み合わせを考えると、塚原さんは「少なくとも4つの性別があると言ってもいい」と話す。

心の性別は母親のお腹の中で決まる

それにしても、なぜ体と心の性別が違ってくるのだろうか。それにはホルモンの働きが大きく影響しているという。

そもそも性別は遺伝子によって決まることは、以前、理科の授業で習った記憶があるだろう。男女の性別は、お母さんの持つXX染色体と、お父さんの持つXY染色体の組み合わせによって決まる。XとXを受け継げば女の子、XとYを受け継げば男の子となる。

「お父さんが持つY染色体には、『SRY』という性を決定する遺伝子があり、これを受け継ぐと精巣が形成され、男性になります。つまり、子供の性別を決めているのは、お父さん。お母さんのように子供を産むことはできませんが、お父さんも結構大事な役割を果たしているんです(笑)」と塚原さん。

このような遺伝子による性別は、卵子と精子が受精した瞬間に決定するが、心の性別はお母さんのお腹の中にいるとき、胎生12~22週の頃にさらされる男性ホルモンによって決められるという。塚原さんはこう説明する。

「この時期の胎児の脳は、性的に未分化な状態で、男性ホルモンの『アンドロゲン』の作用を受けて初めて男性化します。このアンドロゲンは胎児自身の精巣から分泌されるものです。女の子の場合は精巣がないので、アンドロゲンの作用を受けず、脳も女性化することになります。一方、男の子の場合でも、アンドロゲンが十分働かなかったりすると、脳が女性化し、遺伝子上の性別との不一致を招くことになるのです。ただ、このようなことがなぜ起きるのかまでは十分解明されていません」

例えば、マウスなどの多産動物では、同時に何匹もの胎児が子宮内で育つことになるため、隣同士になる胎児が互いのホルモンの影響を受けやすいという。オスに囲まれたメスは、その兄弟のアンドロゲンに多少なりともさらされることになるため、生まれた後に“おてんば”になったり、逆にメスの姉妹に囲まれたオスはさらされるアンドロゲンの量が少ないため、“おしとやか”なオスになったりすることもあるというのだ。

思春期のホルモン分泌も脳の性別に影響

「さらに最近の研究では、お腹の中にいる発達期だけでなく、思春期も脳の性別に大きな影響を及ぼすことがわかってきました。第二次性徴期(せいちょうき)と呼ばれる思春期は、性ホルモンの分泌が盛んになり、心身ともに大人の男性、女性へと変わっていきます。詳しいメカニズムは解明されていませんが、この時期に分泌される男性ホルモンや女性ホルモンの働きによって、脳も男性の脳、女性の脳へと発達していくのです。いわば、心の性別の仕上げの時期と言えます」(塚原さん)

遺伝子によって男女の性別が決まり、さらに胎児の頃には男性ホルモンによって心の性別が決まる。そして思春期にも性ホルモンの洗礼を受けて、大人の男性、女性へと変化していく。体と心の性別は思った以上に複雑に決められているものだと、驚かされる。

「異性に恋をして、結婚をして、子供をもうけて…ということを私たちは当たり前のように考えていますが、脳の性差の仕組みを考えると、これらはいくつもの条件が重なった末の“偶然”のようなものにも思えてきますね」と塚原さん。

なるほど、確かに大きな偶然なのかもしれない。そんな気持ちで、日ごろ接しているパートナーを見つめ直せば、いつもとは違った感慨がこみ上げてくるかも?

(佐田節子=ライター)

Profile
塚原伸治(つかはらしんじ)
埼玉大学大学院理工学研究科准教授
名古屋大学大学院生命農学研究科修了。博士(農学)。早稲田大学人間総合研究センター助手、神戸大学大学院自然科学研究科助教、国立環境研究所主任研究員などを経て、2009年から現職。専門は、行動神経内分泌学、神経毒性学。

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。


ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント