まるで花粉の巣「髪」の花粉ケアを忘れずに

日経ヘルス

花粉がほとんど飛ばなかった昨シーズンに比べ、今シーズンの飛散量は関東で2014年の約3倍と、かなり深刻な事態が予想される。こんな年は早めの予防が有利。注目のトピックをご紹介。

スギには花粉量が多い表年と少ない裏年があり、昨シーズンは裏、そして今季は表にあたる。ウェザーニューズ社の花粉予報では、関東近県と東海地方で昨年の2~3倍。ここ7年間の平均値と比較しても近畿地方以北は1.1~1.5倍と、かなり多くなる見込み(図1)だ。

図1 飛散開始は平年より早め。ピークは3月初旬~中旬ごろになる見込み。飛散量は、九州・四国は少なめだが、近畿地方以北が平年(過去7年の平均)よりかなり多い(データ:ウェザーニューズ社、イラスト:平拓哉)

飛散開始時期は、平年並みかやや早め。関東では2月初旬より少しずつ飛び始め、3月に入ってからピークを迎える。花粉量が多い年はピーク前でも気温の高い日に一斉に花粉が飛ぶ「大飛散日」がある可能性が高い。

抗アレルギー薬や点鼻薬といった従来の薬に加え、2014年10月には花粉症の根治を目指す舌下免疫療法が保険適用になった。竹内聡美院長の日本橋内科・アレルギー科クリニック(東京都中央区)ではこの治療を受けている患者が200人以上いる。「本来は飛散後の6月ごろから始めるのがベストだが、保険適用になった昨年10月から始めた人も今季はいつもより少し楽に過ごせるはず」(竹内院長)。

■症状の根治が期待できる舌下免疫療法。治療開始は6月ごろに
 濃度の低いアレルギー原因物質(=抗原)を含む液体の薬剤を舌下に垂らし、抗原に体を慣らしていく減感作療法と呼ばれる治療法が2014年10月から保険適用に。薬剤は低濃度から始め、徐々に濃度を上げ、規定濃度に達したら、その濃度で花粉飛散期間も含め、4、5年間投薬を続ける。自宅で毎日、舌下に垂らして2分キープし、後はのみ込む。最初の1年は2週間ごとの通院が必要で年間の薬代は約5万円(検査料、初診・再診料などは別途)。根治が期待できる一方、治療開始時期には制限があり、花粉の飛散開始数カ月前までに始める必要がある。今からだと飛散が終了する6月ごろの開始がベスト。耳鼻科、アレルギー科で相談を。

症状を抑えるには、花粉を体に入れない、家に持ち込まないことが重要だが、「家に持ち込まない」対策で意外に見落としがちなのが髪についた花粉。

「花粉は静電気で髪につきやすく落ちにくいため、髪が家に持ち込む原因に。洗髪せず寝てしまえば、寝具にも花粉がついてしまうので注意を」(竹内院長)

飛散の多い日は帽子などで髪を覆っておくといい。花粉がつきにくい繊維製の帽子や、髪に直接スプレーし、花粉をつきにくくする商品も登場している。

マスクも外出時は必ずつけて、体内に入る花粉量を極力減らしたい。今季は長時間装着でも肌などへの負担の少ない「使い心地が良い」タイプのマスクが増えている。また、ユーザーの「食事ではずしたマスクをサッとしまえるケースが欲しい」「予備も携帯したい」という声に対応し、マスクケースも商品が増えている。抗菌型、使いかけと予備を分けて収納できる2ポケット型など、機能やデザインも広がっている。

(1)花粉リボンジョッキー 花粉がつきにくい「花粉トール」加工を繊維に施した帽子。サイズはSとMで黒、ベージュなど4色。2900円。つば広タイプ3300円も (2)アレルブロック花粉ガードplusスプレー 1日1回の使用で、静電気を防止し、花粉をつきにくくする。髪から衣服まで直接スプレー可。75ml 907円
【直接肌にあたる部分がやさしい素材】 (1)「ネピア 鼻セレブマスク」3枚300円 (2)「快適ガード贅沢仕立て」5枚474円 (3)「超快適マスク す~っとミント」5枚400円 【はずしたマスクをサッと収納】 (4)「茶殻入り抗菌マスクケース」300円 (5)「マスクケース×フランシュリッペ」350円 [注]価格はすべて税別

この人に聞きました

竹内聡美さん
 日本橋内科・アレルギー科クリニック院長。日本アレルギー学会専門医。東京女子医科大学呼吸器内科学教室、日本テレビ放送網本社専属産業医、同本社診療所長を経て、白金呼吸器・アレルギー科クリニックを開院。2011年から現職。

(ライター 竹島由起)

[日経ヘルス2015年3月号の記事を基に再構成]

「病気・医療」の記事一覧はこちら

日本の健康経営を推進するポータルサイト

健康経営優良法人認定制度における申請受付をはじめ、健康経営銘柄・健康経営優良法人認定企業の紹介、事例やデータ等を掲載。

>> 詳細はこちら