日本エレキテル連合 微妙にアウトキャラで社会現象に日経エンタテインメント!

「いいじゃないの~」と言葉巧みに誘惑する初老男性・細貝さんと、「ダメよ~、ダメダメ」と同じセリフでかわし続ける白塗りの未亡人・朱美ちゃんのコントで大ブレイクした日本エレキテル連合。飛躍のきっかけは、2014年正月に出演した『ぐるぐるナインティナイン』(日テレ系)の人気企画「おもしろ荘へいらっしゃい!」と、『新春レッドカーペット』(フジ系)だ。

日本エレキテル連合

今では人気者となった細貝さんと朱美ちゃんだが、インパクト抜群のビジュアルに奇妙な会話も相まって、テレビに出始めた当初は客席から悲鳴にも似た声が上がっていた。

人気を後押ししたのは、実はお笑い畑以外の面々。無名だったにもかかわらず、早い時期からaiko、きゃりーぱみゅぱみゅ、田辺誠一といった有名人が2人の芸を激推し。「ダメよ~、ダメダメ」の使い勝手のよさもあって、口コミで一気に広がっていった。

2014年5月ごろから、さまざまなランキングをにぎわすようになると、同年8月には『バイキング』(フジ系)が調査した「女子中高生が選ぶ今後ブレイクしそうな芸人」で、どぶろっくと同票で1位に。この前後からは破竹の勢いとなっていき、企業のPRイベントや学園祭などに引っ張りだこになった。

飲食業界のイベントからクラブでのハロウィーンイベントまで、あらゆる場面で活躍。写真左は白塗りつながりで登壇した映画『呪怨』シリーズのイベント。右はヘアケアブランドから上半期の活躍を表彰されたときの模様

演じるのはどれもアウトなキャラばかり

憧れの志村けんと同様、2人が得意とするのはキャラクターに憑依(ひょうい)しきったコント。細貝さんと朱美ちゃんは数あるキャラのひとつでしかなく、ほかにも「控え選手」が多数存在する。トラックの車内で物騒な会話を繰り広げるヤクザと血気盛んな彼女。さらには、ロリコンの官能小説家とご奉公に来ている7歳の女の子、会社での失敗を慰め合う不細工なOLの2人組など。いずれも放送ギリギリ…いや、ビミョーにアウトなキャラクターばかりというのが共通点だ。

【左】橋本小雪(はしもと・こゆき)1984年11月13日生まれ、兵庫県出身。【右】中野聡子(なかの・そうこ)1983年11月12日生まれ、愛媛県出身。2008年にコンビ結成。憧れのあまり志村けんの出身地・東村山市に一軒家を借りて共同生活を送っていることも話題に。タイタン所属

かつての小島よしおクラスの大ブレイクがなかなか出ないお笑い界にあって、久々にちびっこ人気を獲得した芸人でもある。スギちゃんのブレイクはもう2年前のことだ。

キャラの設定を考えると、朱実ちゃんのまねを止めない子どもに親は困惑気味という構図もどこか笑える。いつの時代も本当に面白いのは、「ちょっと怒られるくらいのもの」であることを2人は証明したと言えそうだ。

【左上】代表作「未亡人朱美ちゃん3号」など8本のコントが入った、2人とって初のDVD。発売翌年の正月に出演したネタ番組の反響から品切れとなり、のちに増産されたことも話題に。『シリアル電気』(2013年10月30日発売)。【右上】前作『シリアル電気』が発売元のレーベルで2014年度最大のヒットを記録するなか、スタジオ撮り下ろしのディープなネタに挑んだ意欲作。「未亡人朱美ちゃん3号」の続編も収録。『腹腹電気』(2014年8月27日発売)。【中央下】異例のペースで発売される最新作は、2014年7月に行われた単独ライブの模様を収録。おなじみのコントから新作まで、ライブならではの臨場感をたっぷりと味わえる。『エレキテルプラネット』(2014年12月24日発売)。発売はすべてコンテンツリーグ

(ライター 遠藤敏文)

[日経エンタテインメント! 2015年1月号の記事を基に再構成]

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
エンタメ!連載記事一覧