WOMAN SMART

キャリア

活躍した女性を一挙紹介 ウーマン・オブ・ザ・イヤー2015

2014/12/5

日経ウーマンオンライン

日経WOMANは、各界でもっとも活躍した働く女性に贈る「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2015」を12月5日に発表しました。

「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」は、(1)働く女性のロールモデルを掲示、(2)組織の中に埋もれがちな個人の業績に光を当てる、(3)活躍した女性たちを通して時代の変化の矛先をとらえるという主旨のもと、1999年から毎年実施するアワードで、本年が16回目となります。

「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2015」大賞に選ばれたのは、社会に変革を起こすリーダーを育てるという理念を掲げ、生徒の半数以上を海外から受け入れる日本初の全寮制国際高校「インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢(ISAK)」を2014年8月に開校した小林りんさん(40歳)です。

小林さんは、高校時代にカナダの全寮制インターナショナルスクールへ留学。帰国して大学卒業後、外資系企業、ベンチャー経営参画などを経て、ユニセフでフィリピンの貧困層教育に携わっているとき、「アジアのハングリーな次世代の人材を育てる学校」を日本で作るという構想にリーダーとして参画することを決意。2008年に帰国後、資金集め、土地探し、各種の許認可、生徒の募集や教師の採用など数多くの課題を乗り越えながら、日本初の学校の開校を実現させました。

学校の準備を開始した直後にリーマン・ショックの影響で、当初見込まれていた資金が白紙となり、寄付金集めに奔走。2010年から始めたサマースクールによって、学校の認知度と信頼度を上げることで、開校までの期間に100人近くから14億円の寄付を集めることに成功しました。また、世界各国から一流の教師陣を集め、課題を見つけて解決できる力を身につけるカリキュラムを実施しながら、日本の学習指導要領も踏まえて学校法人としての認可を受けることで、日本の高校卒業資格が得られる国内初の全寮制国際高校となっています。さらに、経済的に恵まれない生徒を受け入れるための返済不要の奨学金の原資として、軽井沢町のふるさと納税を活用できるようにするなど、数多くの画期的な取り組みが、日本の教育界に大きなインパクトを与えています。

準大賞には、コンピューターで人の手を動かす技術を開発・販売し、世界中の研究者から注目を集めるH2Lのチーフリサーチャー・玉城絵美さん(30歳)、トイレ愛好家として、衛生的で快適に使える無水トイレをケニアで普及する事業に尽力するLIXILの山上遊さん(36歳)が選ばれました。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
すぐ実践!「私らしく働く」ための4つのトレーニング
日経DUAL
同性の親 自分がなりたい自分を投影してないか
日経ARIA
老いゆく両親を泣きながら撮った3年 信友直子監督
日経doors
尾原和啓 今、求められるのは「女神的」リーダー
ALL CHANNEL