家族も仲間もいるけど… 1人を満喫「ぼっち族」

友人や恋人、家族もいて、仲が悪いわけではない。それでも連れ合いに気を使わず1人で消費を楽しみ、自分の世界に浸る人々が増えている。名付けて「ぼっち族」。気楽な独身生活を積極的に謳歌する「お一人様」とは違うぼっち族の生活行動に迫った。

夫婦げんかの後に重宝? 家でこもるテント

ぼっち族の増加はじわりと新たな商品・サービスを生み出している。

店頭に展示された1人用のテント「ぼっちてんと」。中にはPCが置かれ体験できる(東京都千代田区のツクモパソコン本店)

「どうやって組み立てるの?」「オーディオルームに使えるかな?」。東京・秋葉原のパソコンショップ「ツクモパソコン本店」に11月下旬、黒い直方体のテントが出現した。商品名は「ぼっちてんと」(6980円)。高さ160センチメートル、幅と奥行きは130センチ。採光や温度調整ができ、収納も簡単だ。

ぼっちてんとはアウトドア用テント開発のビーズ(東大阪市)が5月に発売した。商品企画の川瀬隼利さん(31)が「コミュニケーションを偏重する風潮に嫌気がさした」ことが誕生のきっかけ。部屋の中にテントを張れば、1人こもれる空間を創出できる。これまで数千個を出荷した。

単文投稿サイトには「夫婦げんかのとき1日こもるのにちょうどいい」などの書き込みもある。ビーズによると「自宅できわどい内容のアニメの観賞に浸りたい女性の購入も意外なほど多い」という。現在は小さめサイズや遮音効果の高い新商品を検討中だ。

ツクモを運営するプロジェクトホワイト(東京・千代田)は「自分の部屋がないお父さんが家族から邪魔されず、ゲームや音楽を楽しむ空間が欲しいはず」(商品部)とパソコンやオーディオなどとの親和性から、販売を決めた。札幌市、名古屋市など全国の店でも扱う。

「ドレスを着たい」1人花嫁姿でフォト

「うわあ。きれい!」大阪市の会社員、山中忍さん(43)は11月8日、京都市内のブライダルショップで30種類ものウエディングドレスを見た瞬間、口に手を当てて叫んだ。結婚間際のカップルによくある風景かと思いきや連れの姿はない。「今日は一人で来ました」

「ソロウェディング」でドレス姿になった山中忍さん(京都市左京区)

旅行会社のチェルカトラベル(京都市)が企画した女性一人向けの疑似ブライダルツアー。その名も「ソロウエディング~恋するドレス~」だ。1日目はドレス選びとブーケ作り。2日目はスタイリストにヘアメークをしてもらいドレスを着た「花嫁姿」をカメラマンに撮影してもらう。

ツアー参加費用は1人利用で30万~34万円。決して安くはないが、年内の予約は満杯で、来年7月まで予約が入る盛況ぶりだ。参加者も30代半ばから60代まで幅広い。

独身の山中さんは「エア新婦」を楽しむが、この日、参加した佐金美弥子さん(37)は事情が違う。京都市で音楽教室を自営する佐金さんは12年前に結婚式を挙げ、3人の子供と夫がいるのだ。

「ドレスをもう一度着たい」。ツアーを知った瞬間、参加を即決。子供や夫がいても自分がしたいことに妥協はない。ぼっち族ならではだ。

前日選んだドレスを着てロケ地の庭園、修学院にハイヤーで向かう。色づいた木々に囲まれ、カメラマンの指示を受けながら、ポーズや場所を変えて1時間にわたり撮影した。周囲には人はほとんどおらず、園内にシャッター音が響く。

佐金さんは「物語の主人公になったような夢の時間。女性としての喜びがわっとあふれ出て、撮影中涙をこらえるのに必死だった」と目に涙を浮かべていた。山中さんも参加に迷ったが「やってよかった。全然疲れていない」と満足げだった。数百枚に及ぶ写真はアルバムとUSBメモリーに収められ2週間前後で2人の元に届けられる。

この企画を考案したチェルカトラベルの赤居夏美さん(36)は、自身も独身だがドレスを着たかった。「ウエディングドレスは女性の永遠の憧れ。相手がいるとかいないとか関係ない。ツアーの反響は予想通り」。確かに二人は「ぼっち」を満喫していた。

博報堂の調べでは、約3000人に増やしたい時間を聞いたところ2014年は28.7%が「一人で過ごす時間」と答えた。

マーケティングライターの牛窪恵氏は「『自分へのご褒美』の支出に慣れた世代が結婚しても一人の時間を求めている」と分析している。

次のページ
相乗りOK、テーマパークにだんまりの列
MONO TRENDY連載記事一覧