進撃の巨人、アニメ化で飛躍 企業巻き込み社会現象に日経エンタテインメント!

2009年に『別冊少年マガジン』(講談社)で連載を開始した諫山創原作の『進撃の巨人』(以下『進撃』)は、連載直後から「巨人が人を食らう」という少年マンガらしからぬセンセーショナルな設定と、不気味でインパクトのある巨人のビジュアル、先の読めないストーリーが話題を呼び、すぐさま単行本1巻あたり100万部超の人気マンガに成長した。

だが、そこで留まらなかったのがこの作品が「社会現象」といわれるゆえんだ。現在単行本は最新の15巻が2014年12月9日に発売され、累計発行部数は4200万部を超えるメガヒットとなった。

テレビシリーズ13話までブルーレイ用の完全マスター映像を再編集した『劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~』は、現在公開中。全国100館規模まで拡大予定。後編の『~自由の翼~』は2015年公開予定だ(配給ポニーキャニオン) (c)諫山創/講談社 (c)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

2015年は実写映画の公開も

爆発的なブレークのきっかけは、2013年4~9月に放送されたテレビアニメだ。原作準拠のストーリーと魅力的に描かれたキャラクター、人類にとって巨人を倒す唯一の武器である立体機動装置の華麗なアクションシーンは、大きな話題を集めた。DVD&ブルーレイの売り上げは1巻あたり10万枚を記録。主題歌CDも26万枚を超える異例のヒットとなり、担当アーティストのLinked Horizonは2013年大みそかの『紅白歌合戦』出場に至っている。

アニメで獲得した人気は、様々な方面へ波及する。原作単行本の部数増加に加え、掲載誌『別冊少年マガジン』の発行部数も3倍近くへ。スピンオフマンガや小説版なども次々と刊行され、軒並みヒット。また、アニメ化により顕著となったキャラクター人気を受け、コンビニやお菓子メーカーなどの各種企業とのコラボも盛んに行われ、一般紙やファッション誌にまでその存在を頻繁に取り上げるほどのコンテンツへと成長した。

その後の展開も目白押しだ。2014年11月22日からは、テレビアニメを再編集した劇場版2部作の前編『~紅蓮の弓矢~』を公開。11月28日からは、原作マンガの魅力を網羅した「進撃の巨人展」が東京・上野の森美術館で開催された。2015年は劇場版後編『~自由の翼~』に続き、特撮監督として名高い樋口真嗣を監督に迎えた実写映画の公開も決定している。

様々なアプローチを生み、ファンの裾野を広げる『進撃』の世界は、まだまだ拡大を続けている。

次のページ
これは王道の少年マンガ、謎を呼ぶミステリーが深みを
エンタメ!連載記事一覧