大喜利で大笑い イベントで、アプリで、商売で

1つのテーマに対して、ひねりを利かせて答えることば遊び「大喜利」が各地で盛り上がっている。臨場感ある大喜利を楽しめる専用スペースの登場やトーナメント方式で面白さを競うイベントも開催され大にぎわい。SNS(交流サイト)などコミュニケーションツールが発達し、面白さを手軽に共有できる手段が増えたことも人気を後押ししているようだ。

元お笑い芸人が専用スペースを開設

初心者やベテランが集まった大喜利イベントの参加者(東京都豊島区の「喜利の箱」)

「大喜利初心者のイメージキャラクター『ひなどり』の特技は」――。パソコンの画面に映し出されたお題を見て、瞬時に複数の手が挙がる。「SNSを炎上させる」「TOEICのスコアが898点」。小気味よいやり取りに、ドッと笑い声が上がる。

お題に対する大喜利をその場でホワイトボードに書いて見せ、生の反応を楽しむ大喜利スペース「喜利の箱」(東京・豊島)は2013年に元お笑い芸人の星野児胡さん(29)が開設した。制限時間はなく、入場料はワンドリンク付きで800円(見学は500円)。 「面白いことをやりたい、共有したいと思う人は多い。気楽に楽しめて自己表現がしやすい場所を提供したかった」(星野さん)という。

平日は仕事帰りの会社員や学生、休日は近所に住む人から北海道や長崎から来る人まで、年齢や性別の違うさまざまな層が集まる。6月から通い始めたという会社員の女性(22)は「ブラックジョークなど普段言えないことを言える貴重な場」。会社員の男性(46)は「仕事でむしゃくしゃしたことがあると自然に足が向く。大声で笑うと気持ちもすっきりするし気分転換になる」と話す。

トーナメントでおもしろさ競う

3人の参加者が1つのお題ごとに5分間で平均得点を競い合う大喜利イベントの決勝戦(東京都新宿区)

「笑点」などテレビ番組をきっかけに大喜利をやってみたいと思った人々が各地で集まり、自分たちでイベントを運営するケースも増えている。 11月1日に新宿バティオス(東京・新宿)で開かれた大喜利イベント「大喜利革命 F☆LEAGUE」もその1つ。12年から始めたイベントは地方予選を開くなど規模を拡大しながら今回で10回目を迎えた。

予選を勝ち抜いた12人が壇上に上がり、うち9人がトーナメント方式で優勝を争った。3人ずつステージに上がり、出されたお題に対し、制限時間内で複数回答する。1題につき5分計3題出題され、待機中の参加者がその場で点数をつける。勝敗は平均得点で決めるため回答するときも質か量どちらで勝負するか戦略が必要だ。

「遠足のおやつが300万円までのときにありそうなこと」というお題には、「みんな高いお菓子を持ってきたのでベビースターが人気出た」「ダイヤモンドをガリガリかんでる」などの回答。優勝した男子高校生(18)は「短い時間に集中して考えるので頭の体操になる。笑ってもらえると楽しいし、自信にもなる」と話していた。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
専用アプリで笑いの交流広がる
MONO TRENDY連載記事一覧