マンモグラフィ検診で発見が難しい乳がんを知って

翻って日本では、自治体検診や職場検診として検診車や公共の保健センター、検診施設などでマンモでの乳がん検診を受ける人が多い。この場合、乳腺濃度が高くてマンモに適さない乳房でも、現状ではそのことが本人に通知されることはほとんどない。結果だけ受け取った受診者は、本当に「異常なし」なのか、乳腺濃度が高く「見えなかった」のか分からないのだ。

マンモで撮影した乳房の画像を放射線科医は、左のように4段階に分けて診断(読影)する。欧米人に多い脂肪性や乳腺散在の乳房(左2点)は腫瘍が見つけやすいが、日本人に多い高濃度や不均一高濃度の乳房(右2点)では、腫瘍が見つけにくい。しかし、腫瘍になる前の石灰化の状態の乳がんの発見は、マンモが得意だ
画像左は、40代女性のマンモ検診の画像。この画像では、乳がんが発見できず異常なしに。その直後、女性は右乳房にしこりを感じ、超音波検査を行ったところ、1.8センチ大の乳がんの腫瘍が見つかった(右の画像)。毎年、マンモ検診は受けていた

こうした状況を避け、正しい診断を得るには自分の乳腺濃度を知ることが大切。乳がん検診の結果が紙で通知され、異常の有無しか書かれていない場合は、一度医師から直接結果を聞ける施設で検診を受け、乳腺濃度の状態を尋ねてみよう。「もし“高濃度”“不均一高濃度”の乳腺といわれたら、乳腺濃度の影響を受けない超音波検査も併せて受けて」(戸崎さん)。

マンモが乳がんの早期発見に高い信頼性がある検診であることに変わりはない。だが今後は、個々人のリスクファクターを知り、それに応じた検診を受けることが必要だ。戸崎さんらは、そうした働きかけの活動を開始予定という。

自分の乳腺濃度を知るためには
1.自治体検診や職場検診の結果が紙で通知される場合
→一度、自由診療(自費)で、検査結果を対面で医師から聞ける施設で検診を受け、乳腺濃度の状態を教えてもらう。濃度が低い(脂肪性乳房)といわれたら、以後マンモ検診でOK
2.自治体検診や職場検診で、受診施設を自分で選べる場合。 人間ドックや自由診療(自費)で検診を受ける場合
→検査結果や乳腺濃度の状態を対面で聞けるか、事前に確認して施設を選ぶ
戸崎光宏さん
亀田京橋クリニック画像センター長。放射線科医。東京慈恵会医科大学卒。同大学放射線科ほかを経て現職。日本乳癌学会乳癌診療ガイドライン作成委員。NPO法人乳がん画像診断ネットワーク理事長。乳腺画像診断の権威。

(女性医療ジャーナリスト 増田美加)

[日経ヘルス2014年11月号の記事を基に再構成]

注目記事