ハッピー中年になるため、30代でやっておくべきこと

日経ウーマンオンライン

人生の折り返し地点に立った時、それまでの価値観や自分らしさが揺らぎ、葛藤してしまう。そんなミッドライフクライシスを乗り切るには、30代のうちにやっておくべきことがあると、広島大学教授の岡本祐子さんは言います。

心の危機を乗り切る自分を若いうちに作っておく

「まずは、30代後半あたりから、自分らしさや価値観が揺らぐ『ミッドライフクライシス』という心の危機が訪れる可能性があると知っておくこと。その年代から見える世界が変わってくるとわかっていれば、必然的に『自分は今、何をしておくべきか』が見えるはず。何をしておくべきかは、人によってそれぞれ異なります。だからこそ、自分自身で考えなければいけないのです」

ただし、自分らしさとは何かを自分に問いかけ、組み替え・立て直しをするには、「健康的な自我」と「柔軟性」が欠かせないそう。

「自我とは、自分の心を支えている元締めのようなもの。自分を認識するのも、行動を統制するのも、周囲の人とうまくつきあっていくのも、自我の働きです。自我が弱いと我慢ができませんから、食べたい時にところかまわず食べたりしてしまいます。また、超自我(親によって育てられた良心・道徳律)が強すぎる人もいます。この場合、1分でも遅れたら取り返しのつかない失敗をしたように感じるなど、自分に厳しくなりがち。健康的な自我の強さとは、自分をきちんと統制しながら他の人とうまく付き合い、自分を押し殺さずに主張できる状態を言います」

では、「健康的な自我」を育てるには、どうすればいいのでしょうか。

「アメリカの臨床心理学者、エリク・H・エリクソンは、健康的な自我が育つためには、基本的な信頼感が必要だと言っています。この信頼感とは、自分への信頼感と、他人への信頼感です。この2つの信頼感は、赤ちゃんの時に母親との間で育まれると言われています。次に必要なのは、『自我の自律性』で、衝動をコントロールする力です。それから、『自主性』も大切です。他人に言われっ放しではなく、自分の言いたいことをきちんと表現する力です。3~4歳になると反抗期を迎えますが、わがままを通すだけでなく、周囲とうまく折り合いながら、自分の言いたいことを伝えられるようになります。そして、学童期になると、勉強やスポーツを通して、『自分はきちんと何かに打ち込める』という有能感が育ちます。これらが土台となって、青年期に『自分はこういう人間である』というアイデンティティが確立されるのです」

ミッドライフクライシスを乗り切るには、自分と他人への信頼感、感情をコントロールする力、そして自主性を身につけておくことが大切なようです。

「ミッドライフクライシスに限らず、心の危機に直面した時は、それらの力が自分を支えてくれます。ミッドライフクライシスになった場合は特に、精神的にも肉体的にも、時間的な展望までも揺らぐため、自我の強さが問われるのです」

次のページ
ミッドライフクライシスは親子関係の問題を解消するラ