クリアファイル、壁掛け式や複数収納の専用ホルダーも今旬ときめきステーショナリー

壁掛けタイプや収納力が高いものなど多彩なファイル
壁掛けタイプや収納力が高いものなど多彩なファイル

在宅勤務がかなり普及してきました。最近では例えば週3回は自宅で働き、週2回はオフィスで働くといった「ハイブリッドワーク」が主流になっています。自宅と職場の移動で、資料を持ち運ぶ機会も増えてきたのではないでしょうか。テレワークに合わせて、情報関連機器や家電を買い換えると取り扱い説明書の収納に困ることも。今回はそんな資料の持ち運びや紙の資料の整理に便利なクリアファイル(メーカーによって「収納フォルダ」「クリアーホルダー」「クリヤーブック」と呼び名は異なる)を紹介します。

持ち運びもできる 壁掛け収納フォルダ

デスク上に書類が増えてゴチャゴチャしてしまうときは、壁面をうまく活用するのがおすすめです。壁掛けできる収納フォルダが、スウェーデンのステーショナリーブランドEsselte(エセルテ)の「Esselte A4ソーテッド」というファイルです。

写真左から寒色の「クール」右が暖色の「ウォーム」。フックのほかファイルの色が異なる

「壁に掛ける」「折り畳んで持ち運ぶ」という2通りの使い方ができるのが「Esselte A4ソーテッド」の最大の魅力です。ファイルを広げて壁に掛けることで一覧性が高まります。また、移動するときは簡単に折り畳んで持ち運ぶことができます。その切り替えもスムーズです。収納フォルダ自体にフックがついているので、そのまま壁に掛けて使えます。今回紹介するのが、背の低いデスクや受付スペースなどの吊り下げに便利な3段と、プロジェクトの資料や書類など多くの紙を分別したいときに活躍する6段の2つのタイプ。価格は3段が2310円(税込み)で、6段が2640円(税込み)です。

写真左からEsselte A4ソーテッド3段と6段

画びょうを刺してフックをかけるだけで簡単に壁に“収納スペース”がつくれます。ファイルのカラーがグラデーションになっているのでとても色鮮やか。北欧ならでのデザインもポイントです。1ポケットに約100枚収納できるので、3段なら約300枚で耐荷重は約2キログラム。6段なら約600枚で耐荷重は約3キログラムと収納力も抜群。

好きなファイルだけを取り出すことも

普段は壁に掛けておいて、必要なときにファイルを取り出すという使い方もできます。取り出したファイルはふたを裏返すとそのまま、閉められるつくりになっているので、1つだけファイルを持ち運ぶこともできます。左上にはラベルがついていて「プロジェクト1」「プロジェクト2」などプロジェクトごとに管理したり、「領収書」「手紙」など種類別に分けたりと自由に分類できます。差し替え用のラベルも付属しているので、使っている途中でラベルの名前や分類を変えたいときに重宝します。

折り畳んで持ち運べます

ファイルをつるした状態から、下にササッとスライドさせるだけで簡単に折り畳めます。伸縮可能なデザインになっているので、広げるのも、畳むのも2、3秒で簡単にできます。ゴムバンドが付いているため、フックを引っ掛けることで中のファイルが飛び出ないようしっかりと固定できます。例えば在宅勤務では壁につるして、出社するときには折り畳んで持ち運ぶといったフレキシブルな使い方ができます。

次のページ
クリアファイルを1冊にまとめて収納