「アラジン」高級トースター 品切れ続いた人気の秘密

日本エー・アイ・シーが2021年7月に発売した「Aladdin(アラジン) グラファイト ポップアップトースター(AEP-G12A)」(直販価格2万4400円・税込み、以下同)
日経クロストレンド

「アラジン」ブランドのトースターやヒーターの販売で知られる日本エー・アイ・シー(兵庫県加西市)が、2021年7月5日にトースターの新製品「Aladdin(アラジン) グラファイト ポップアップトースター」を発売した。昔懐かしいポップアップ型が特徴で、レトロな中にもおしゃれな雰囲気を醸し出す。8月末までは、同社直販サイトで品切れが続いていた。実際に製品を試し、人気の理由を探った。

「アラジン グラファイト ポップアップトースター」は、その名の通り焼き上がるとトーストが上に飛び出すポップアップ型を採用している。「アラジン」ブランドのトースターとしては日本エー・アイ・シーの親会社で、製造を手がける千石(兵庫県加西市)の特許技術「遠赤グラファイト」を搭載した「アラジン グラファイト グリル&トースター」が市場では人気を博しており、今回のポップアップ型はアラジン初だ。

トーストが焼ける様子をあえて見せる

アラジンらしいレトロなフォルムと淡いカラーリング。さらに2重ガラスの採用で「トーストが焼ける様子が見える」のが、アラジン ポップアップトースターのユニークなポイントだ。もちろん、こちらも遠赤グラファイトのヒーターを搭載している。

前面にガラスを採用しており、焼き上がる様子が見えるのが大きな特徴

千石の千石滋之専務は「トーストをおいしく焼けるのはもちろんだが、焼けていく姿を目で楽しんでいただくための趣向を凝らしている」と話す。

「焼けていく姿を目で楽しんでいただく」と新製品の特徴について話す千石の千石滋之専務

では、実際に使用してみよう。使い方は非常にシンプルで、パンを投入口に置いてセットレバーを下に押し下げると電源がオンになる。常に「トースト」モードでスタートするので、トースト以外の場合は「冷凍トースト」「温め」「ベーグル」ボタンを押してモードを変更する。温めモードは一度焼いたパンを温め直すためのモードで、ベーグルモードはベーグルやマフィンなどのパンを片側だけ焼くときに使うモードだ。焼き色は調節つまみを使い、1~7まで0.5刻みで13段階と、細かな設定ができる。

パンをパン投入口に置いてセットレバーを押し下げると電源がオンになる
左右にモードボタン、中央には焼き色調節つまみと取り消しボタンを搭載しており、トーストモード以外の場合は電源をオンにしてからその都度選択する

ヒーターは手前に遠赤グラファイトを1本、奥に石英管ヒーターを2本配置している。焼き上がりを均一にするために、遠赤グラファイトは温度を段階的に変えており、ヒーターの色が部分的に異なる。石英管ヒーターも焼き上がりを均一にするために、ヒーター中央を赤熱させないようになっているのが分かる。

千石企画本部商品戦略課の高橋弘真氏は「熱源がパンに近いところにあるので、高温をムラなく分散するために新たなチューニングを施した」と語る。

千石企画本部商品戦略課の高橋弘真氏
非常に分かりにくいが、手前に遠赤グラファイト1本、奥に石英管ヒーターを2本配置しており、遠赤グラファイトの熱が行きわたるように反射板を設置している
背面側から遠赤グラファイトを写したところ。ムラが生じないようにヒーターの温度が変わっていることが色で分かる
次のページ
素早い焼き上がり、冷凍の場合は注意も
MONO TRENDY連載記事一覧