花柄でロマンチック気分 ジェンダーミックスが鍵に

レオパード柄の帽子でマルチな柄ミックス KEITA MARUYAMA 2021-22年秋冬コレクション

日本を代表するデザイナーの1人である丸山敬太氏は賢三さんに憧れて、ファッションの道に進んだそうです。今回のコレクションに盛り込んだ「KENZO FOREVER」シリーズには長年、抱き続けたリスペクトを注ぎ込んでいます。たくさんの花びらで埋め尽くした、深いピンクのスカートはロマンチックで情熱的。ネイビーのニットトップスには仏教的なモチーフを写し込んで、賢三さんの世界観にもつながるオリエンタルなムードを醸し出しました。異なる柄同士のコンビネーションが互いの持ち味を引き立て合っています。

足元はスニーカーで軽やかに演出 KEITA MARUYAMA 2021-22年秋冬コレクション

あまり知られていないかもしれませんが、パンツルックを広めるにあたっても、賢三さんは貢献しています。行動的な女性像を早くから打ち出し、ドレスに偏ったモード界に新風を吹き込みました。こちらの黒のパンツ・セットアップ(上下そろい)は、大きな花弁のフラワーモチーフが大胆に散らされたデザイン。もともとメンズライクな雰囲気のあるパンツルックに、あえて女っぽさの象徴的な花柄をあしらい、性別にとらわれない「ジェンダーミックス」の装いに導いています。ノーカラー(襟なし)のクロップド(短め丈)ジャケットと組み合わせて、まるでオールインワンを着ているかのようなリラックスムードに仕上げました。

花柄×ポジティブ色で華やか気分に KEITA MARUYAMA 2021-22年秋冬コレクション

賢三さんの代名詞的な表現といえるのは、たくさんの色を響き合わせたカラフルな演出です。「色の魔術師」とも呼ばれたカラーミックスの腕前は、多くのデザイナーに受け継がれています。赤や白、黄色など、たくさんの色で描き出されたフラワーモチーフのワンピースは優美なたたずまい。サーモンピンクのブルゾンを重ねて、さらに彩りをアップ。水色のライナー(裏地)ものぞかせて、配色に意外感を加えました。多色使いはあでやかに映りますが、マニッシュ感を添えると、こなれた見え具合に整います。

(画像協力)
ケイタマルヤマ
http://www.keitamaruyama.com/
次のページ
レトロとフューチャーが同居 タイムレスな装いに