【日本語訳】
通信機能を備えたコネクテッドカー(つながる車)をサイバー攻撃から守るために自動車メーカーやIT企業など90社が連携する。搭載するソフトウエアの弱点や、サイバー攻撃の動向などに関する情報を共有して、乗っ取りやデータ盗難を防ぐ。自動運転車の普及も迫るなか、車の品質を守るソフト面での対策が本格化する。
トヨタ自動車、日産自動車などの完成車メーカーとデンソーやパナソニックといった関連部品メーカーの団体に、日本マイクロソフトやトレンドマイクロ、NTTコミュニケーションズといったIT企業や損害保険ジャパンなどが参画する。

in full swing ...に注目してみよう!

今回取り上げる単語は、in full swing ...です。

記事には、... measures to protect the quality of cars on the software side are in full swing.(車の品質を守るソフト面での対策が本格化する)とあります。こちらで覚えていただきたいのが、in full swingという表現です。fullは力などの程度が「最大限の」そしてswingが「振る」という意味なので、「思い切り振る」という意味です。野球でも打者がバットを思い切り振ることを「フルスイング」と言いますね。実はこのfull swingは日常会話では野球ではなく、仕事やプロジェクトなどが「本格化する」「順調に進んで」という意味でよく使われます。また機械や機器などが最高の状態で機能している状態を表すときにも使われます。プロジェクトなどの計画などが順調かどうか聞かれて、It's in full swing!といえば、「順調だよ!」と軌道に乗って予定通り進んでいることを表します。go with a swingも同じく会などが「首尾よく進んでいる」という意味になりますので合わせて覚えておきましょう。

Speak up! 会話での使い方をみていきましょう。

【シチュエーション1】
A: I hope the new drug is available soon.
  早く治療薬ができるといいよね。
  
B: Clinical trials are in full swing now, so I'm sure it will be ready soon.
  治験も本格的に始まったし、もうすぐじゃないかな。

be in full swing で「~が本格化している」という意味になります。仕事や計画などがどんどん進んで、本格化していることを表します。

【シチュエーション2】
A: Is everything proceeding according to schedule?
  順調に進んでますか?
  
B: Yes, planning for the company event will soon be in full swing.
  はい、会社でのイベントの準備も佳境に入るでしょう。

will soon be in full swingで「すぐに本格化する予定」つまり「まもなく佳境に入る」のようなニュアンスになります。あと少しで軌道にのるといったタイミングで使います。

【シチュエーション3】
A: How was the party?
  パーティーはどうだった?
  
B: It was fun, but I arrived late so it was already in full swing by the time I got there.
  楽しかったけど、私がついた頃にはもう宴もたけなわだったわ。

in full swingは、実はパーティーや飲み会などが「宴もたけなわ」、つまり「とても盛り上がっている」「最高潮」というときにも使います。「あることが最高のパワーを維持した状態で進んでいる」とイメージしてみると、使いどころがつかめると思います。

次のページ
swing…..ほかにもこんな使い方