パンツ丈やプリーツ、いまの正解は? ジャケパンQ&Aニューノーマルのスタンダード(3)

2021/9/15
MEN'S EX

ビジネスでも活躍の機会がグッと増え、今や“きちんと見える”装いの最重要アイテムとなったジャケット&パンツ。自由度が高いぶん疑問も様々だが、とくに頻出の問答集をここにまとめてみた。




【Q】 ダブルのジャケットはカタ苦しく見える

【A】 ボタンを開けて“羽織る”べし

近年は世代を問わず、スタンダードアイテムとして市民権を得たダブルジャケット。しかしいざ挑戦してみると、やっぱりカタ苦しさが拭いきれない……。そんなときは前ボタンを開けて“羽織る”ように着てみよう。かつては“だらしない”とされてきたが、この着流し感こそ“今”の気分なのだ。

Study! ソフト仕立てを選ぶのも重要

パッドや芯地を省いたソフト仕立てのダブルなら、“羽織る”着こなしがいっそうサマになる。ガッチリ構築的なダブルジャケットなら、無理に着崩さず威厳を追求したほうが吉だ。

【Q】 とにかく軽いジャケットがほしい

【A】 芯地ほぼゼロのシャツジャケットを入手しよう

必要最低限の芯地を入れて作るアンコンジャケットよりもさらに軽く仕立て、袖付けなどもシャツのようにシンプル化したのが「シャツジャケット」。見た目こそテーラードジャケットに近いが、着心地は別物といっていいほど軽快だ。タイドアップには向かないが、Tシャツやポロシャツの上からさらりと羽織るのにぴったり。猛暑を乗り切るために一着は手に入れておきたいアイテムだ。

【Q】 派手に見えない柄ジャケが欲しい

【A】 サマーツイードなら控えめに見える

リネン、シルクなどをミックスし、ツイード調の生地感を夏向けに再現した「サマーツイード」。英国伝統の素材ゆえ千鳥格子などの柄ものが多いが、素材を複雑に混ぜているため発色が穏やかで、多色柄でも派手に見えない。パキッとした柄に気後れしてしまう方にこそおすすめだ。

【Q】 仕事にも休日にも使えるジャケットは?

【A】 やはり鉄板のブレザーを!

仕事とプライベートがシームレス化する今、ジャケットも多様な場面に適するものが求められている。その代表格は……と考えると、基本のブレザーを改めて見直すのがいいのではないだろうか。スポーツ・ミリタリーを由来とし、長らく仕事服としても愛用されてきた“オン・オフ兼用服”の元祖である。紺ブレに加え、モダンな黒ブレにも注目だ。

【Q】 今どきなパンツってどんなもの?

【A】 ストレートラインに注目!

ドレスパンツ=テーパードという方程式が長らく続いていたが、近年、“早い”人たちは裾幅広めのストレートラインに注目している。’90年代前半のブリティッシュブーム、あるいは’30~’50年代のハリウッドスターを思わせるクラシックエレガンスの魅力満点なたたずまいだ。若々しくはないが、成熟した大人にこそ似合うストレートライン。トライしてみる価値はあるはずだ。

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram