転職を成功させるには 「やりたい」「できる」明確に経営者JP社長 井上和幸

「やりたいこと」はまず文字で書き出してみよう(写真はイメージ) =PIXTA
「やりたいこと」はまず文字で書き出してみよう(写真はイメージ) =PIXTA

転職活動で意外と忘れられがち、ないがしろにされがちなことは「やりたいこと」と「できること」についてはっきりさせることです。言い方を変えれば、「解像度を上げる」ということ。この部分の解像度によって、転職活動の可能性の広がりや成否が大きく左右されるのです。今回はこの解像度の上げ方をアドバイスします。

私はかねて皆さんに「スカウトの声が掛かる方程式」として以下を紹介してきました。

・「ヘッドハンティングの可能性」=「人物コンテンツ力」×「人物情報流通力」

「人物コンテンツ力」とは「その人がなにがしかの点で優れた人材である」ことを指し、「人物情報流通力」とは「その人の存在を知っている、知らしめている」状態を指します。

要するに、あなたの持てる力を明確にし、それを他に伝えない限り、あなたがヘッドハントされることはないということです。これは別段、ヘッドハンティングされるような状況だけのことではなく、一般的な転職活動においても同じこと。応募先企業があなたの強みや特徴を知り、理解できなければ、採用しようもありません。

転職活動において何を明らかにするのかということについては、これまでもこの連載で様々な角度で紹介してきましたが、今回のテーマになぞらえて言えば、「あなたは何にこだわる人なのか」「どのようなことを『快』と思い、何を『不快』と思うのか」「どのような場や状況が自分にとって最も生き生きとしていられるのか、逆に自分らしさを損ねる可能性が高い場や状況はどのようなものか」「専門性・スキルの側面でどのようなことが好きで得意なことか、また人間関係的な側面で好きで得意なタイプはどのような人か」といったことについて、しっかり自問自答し明確にしておいてほしいのです。そして、ぜひ、「今後、こういうことをやりたいのだ」ということを明確にし、言葉にしてもらいたいと思います。

今、転職を検討しているあなたへ / 日経転職版

同世代の年収っていくらぐらい?

日経転職版でチェック

>> 年収チェックはこちらから

次のページ
希望する話が向こうから飛び込んでくる法則