大雨や台風の災害に備える まず確認したい地図情報は安心&安全 地図サービス活用法(下)

地球温暖化による気候変動は、これまでになかった災害を引き起こしている。自分の命を守るためにも、ネット上に公開されている有益な情報をフル活用し、いざというときの迅速な行動に生かしたい。

土砂災害の危険を地図で確認

天気と災害情報に強いのは、Yahoo!だ。「Yahoo!地図」に加えて、「Yahoo!天気・災害」などで重要な情報を網羅している。

Yahoo!地図で確認しておきたいのは、雨雲レーダーだ。地図に雨雲レーダーを表示させると、降水量が表示される(図1)。

図1 Yahoo!地図で「地図の種類を変更」をクリックし、「雨雲レーダー」を選択すると、地図上に降水量が表示される(1)~(3)

Yahoo!天気・災害の「河川水位」では、洪水の危険がある河川には紫などの色が付く。地図上のカメラマークをクリックすると、国土交通省のカメラが捉えた静止画が表示される。上流の状況を確認して、避難するかを判断する一助にしたい(図2)。

図2 Yahoo!天気・災害で右側の「防災情報」欄の「河川水位」をクリック。河川名で検索し、地図上のカメラのマークをクリックすると、川の状況が静止画で表示される(1)(2)

「土砂災害マップ」を開くと、その時点の土砂災害の危険度によって地図が色分けされる(図3)。また、「避難場所マップ」を開き、災害の種類を選ぶと、その災害が起きたときに利用できる避難場所が表示される(図4)。

図3 同様の手順で「土砂災害マップ」を開くと、土砂災害の危険度が地図上に表示される
図4 同様に「避難場所マップ」を開く。災害の種類を選択すると、それぞれの災害に適した避難場所が地図上に表示される(1)(2)
次のページ
気象庁のサイトで差し迫った危険を確認
MONO TRENDY連載記事一覧