ももクロ佐々木彩夏 今年のソロコン、やり直しの連続

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!で2013年から続いている「新・ももクロ61分3本勝負」は、ももいろクローバーZ(以下、ももクロ)の仕掛け人、川上アキラ氏とメンバーが対決する連載です。現在発売中の9月号では、佐々木彩夏さんが登場する予定だったのですが、佐々木さんが「右末梢(まっしょう)性顔面神経まひ」と診断され入院したため、休載という形になりました。ただ既に退院されて、ご本人にもお話が聞けたので、それを加えて公開します(冒頭の部分が8月10日、ソロコンサートの話題以降は7月15日に取材をしたものです)。

──退院おめでとうございます。入院というお話を聞いたときはビックリしましたが、大事に至らなくて良かったです。

佐々木 でも予定していた夏のライブが延期になって、せっかく予定をあけていただいたのに9月になったせいで来られないという方もたくさんいらっしゃると思うので申し訳なくて(7月31日、8月1日に予定していたももクロのライブが9月に延期に。その後、新型コロナウイルスの感染拡大もあり、8月23日に中止が発表された)。ただ延期になったにもかかわらず、「でもあの日(7月31日、8月1日)は暑かったから」と言ってくれるファンの方も多くて。本当に優しいなと思いながら、みんなの言葉を受け止めています。

──退院した現在の体調は?

佐々木 体調は全然平気です。顔の運動やマッサージなどリハビリ的なことをしているんですが、ちょっとずつ良くなっているという感じですね。先生からも「少しずつお仕事に復帰していいよ」という許可もいただいたので、できるお仕事から復帰できたらと思っています。

──ちなみに佐々木さんはこれまでに入院経験は?

佐々木 生まれて初めて。めちゃめちゃ規則正しい生活でしたね。もともと眠るのは大好きだし、いっぱい眠れるタイプですから。ただ「お薬の副作用ですごく食欲が出ますよ」って言われたんです。ホントですよ。だから運動しているわけでもないのにたくさんご飯を食べていました。でも、それは薬の副作用だから仕方がないと思って(笑)。

──副作用じゃ仕方がないですね(笑)。

佐々木 ただ、もどかしさはありました。入院するときに、先生から「一度悪くなって、そこから良くなるから」って言われていたので、ある程度の気持ちの覚悟はあったんですけど、点滴もしているしお薬を飲んでいるのに良くならないと、「ライブを延期してまで入院させてもらっているのにどうして」って思っちゃう。でも、そんなときにメンバーがすごく連絡をしてくれたり、スタッフさんから「心配しないでいいよ、ライブはいつでもできるから」と言っていただいたりしたんですよ。やっぱりいろいろな方に自分は支えられているんだなって。

入院すると決まったときも、川上さんはすぐに次にメットライフドームが空いている日を確認してくれたし、メンバーも「9月、10月にできるところがあればメットライフドームにこだわらなくてもいいんじゃない?」「でもリハーサルを進めている部分は重視した方がいいかも」と前向きな話をしてくれて、行動で気にしなくていいよというのを示してくれた。改めてみんな、すごく優しいなと感じました。

次のページ
最近、ももクロの曲を歌っていないな
エンタメ!連載記事一覧