スタンプの上から色を塗れる にじまないカラーペン

手帳やノートにスタンプを活用する人も増えてきました。スタンプの絵柄がTODOリストや1カ月のスケジュールといったフォーマットになっているものが多く、スタンプに文字を書き込むだけで、やることや予定を管理できます。スタンプの上からメモをしようとマーカーで色を塗ると、どうしてもにじんでしまいペン先が黒く汚れてしまった経験はありませんか? そんな悩みを解消してくれるのがデザインフィル(東京・渋谷)のブランド「ミドリ」の「ペインタブルスタンプ カラーペン」です。

写真左からリラックス、ポジティブ、ハッピー

ペインタブルスタンプ カラーペンは、スタンプをきれいに彩るカラーペンの6本セットです。独自に開発されたスタンプ専用の水性顔料インキが使われているので、同じくミドリから発売されている「ペインタブルスタンプ 回転印」や「ペインタブルスタンプ 浸透印」のスタンプを押した上から色を塗ってもにじみません。カラーはリラックス、ポジティブ、ハッピーの3つをテーマにしたそれぞれ6本入り。ケースはペンスタンドとしても利用できます。価格は各1320円(税込み)です。

2種類の筆先

ペンは2way仕様になっており、色を塗りやすいブラシタイプの筆先と、細かな部分へ書き込みやすい 0.5ミリ の太さのペン先を1 本で楽しむことができます。ブラシタイプは、しなるように書けるので力の加減によって線の幅を調整できます。

スタンプの上から塗っても色がにじまない

もちろんカラーペンとして使うことができますが、別売りのペインタブルスタンプ 浸透印を押した上からペインタブルスタンプ カラーペンで色を塗ってデコレーションを楽しむことができます。一般的な水性ペンの場合、スタンプのインクが溶け出して色が混ざってしまうことがあります。しかし、このカラーペンは独自に開発したスタンプ専用の水性顔料インキが使われているので、にじみにくく裏抜けしにくくなっています。このため、スタンプを押した上から色を塗り重ねても色が混ざらずにインクのカラーを楽しめます。

「気分」に合わせた色合い

カラーは、グリーンやパープルなど落ち着いた色が多い「リラックス」、明るい気持ちにさせてくれる「ポジティブ」、ピンクやイエローなどポップに使える「ハッピー」の、気分をモチーフにした3 種類。セットになっている6 色は、それぞれまとまりのある色合いで構成されています。濃すぎず優しい色味が特徴です。

マーキングだけではない用途が広がる

ラインマーカーはビジネスや勉強のシーンで使われることが多く、主に重要な箇所に線を引いて目立たせる用途で使われてきました。近年、テレワークやおうち時間が増える中で、マーカーとしてだけの使い方ではなく、おしゃれな文字をフリーハンドで書くハンドレタリングや、数年前から話題のバレットジャーナル(箇条書きで様々なことを書き出すアメリカ発祥の手帳術)に添えるイラスト、そして塗り絵など、様々な新しい用途として活用されています。カラフルに描くことがストレス発散や趣味としても広がっているので、これまでと違ったラインマーカーの楽しみ方を試してみてはいかがでしょう?

(文/写真 やまぐちまきこ)

やまぐち まきこ
年間300万PVを超える人気ブログ「フムフムハック」の編集長。文房具を中心に「読んでフムフム・ワクワクする」コンテンツを発信。雑誌やWEBで文具ライターとしても活躍中。フムフムハック:https://www.fumufumu89.com/