誕生50年、蛍光ペンが進化 イラストや塗り絵にも活躍今旬ときめきステーショナリー

蛍光ペン、ラインマーカーの楽しみ方が広がっている
蛍光ペン、ラインマーカーの楽しみ方が広がっている

半透明の蛍光性インクで文字を際立たせる蛍光ペン、ラインマーカー(メーカーによって呼び方が異なる)の新作が続々と登場しています。本や資料で重要な部分をマーキングする時に使うことが多いこのタイプのペンは、1971年にドイツの筆記メーカー、スタビロが世界初の蛍光ペン「BOSS ORIGINAL(ボス オリジナル)」として発売した商品が最初で、今年が誕生50周年になります。スタビロ ボスの登場後も様々なバリエーションの製品が世界各国で誕生しています。ここ数年はマーキングの要素だけではなく、塗り絵のように色を塗ったり、1つで2つの用途があったりと従来の用途に加えて新しい機能が加わった製品が多く誕生しています。今回は進化した最新の蛍光ペン、ラインマーカーを紹介します。

パッケージにこだわった18色の色鮮やかな蛍光ペン

165年以上の歴史を持つドイツの筆記具メーカー「スタビロ」。「STABILO Together(スタビロとともに)」 というスローガンを掲げ、地球環境に配慮した商品やパッケージづくりなど積極的にサステナビリティー(持続可能性)への取り組みを行っています。

パッケージは華やかなデザインが魅力

今回発売したのが「スイングクール 18色デスクセット」は、世界的ファッションデザイナーのマリーナ・ホルマンセダー氏がデザインしたスペシャルパッケージ。自身の名前を冠したブランド「マリーナ・ホルマンセダー」は、レディー・ガガ、リアーナ、テイラー・スウィフトなど、世界的アーティストに愛されています。この製品はスタビロの人気の蛍光ペン「スイングクール」が全色そろった初のセットで、価格は2970円(税込み)です。

パッケージを折り込むとそのまま立てて使える

「スイングクール 18色デスクセット」は、おうち時間が増えている中、使う人の気持ちを盛り上げ、描く色の表現など創作の意欲を高めてくれるセットです。パッケージは折り込むと簡単にスタンド型に組み立てることもできます。ペンの出し入れがしやすい上、置くだけでおしゃれなインテリアにもなります。商品のパッケージは主に紙が使われており、地球にやさしいエコ素材です。98年に世界の筆記具ブランドで初めてFSC認証(適切に管理された森林から調達した木材に与えられる森林の国際認証)を取得した、環境への意識がとても高いブランドです。

サイズは全長125ミリ

「スイングクール」はキャップ式の蛍光ペンです。四角いスリムなボディーが特徴で、持ち手部分に滑り止めのグリップがついて書きやすくなっています。クリップ付きなので手帳やノートに挟んで使えます。ペン先4ミリとマーキングに適したサイズです。アンチドライ製法が採用されているため、キャップを4時間はずした状態でも乾かず書き続けられるのも特徴です。インスタグラムをはじめとしたSNS(交流サイト)上で、オブジェとしても映えること間違いなしの大注目蛍光ペンです。

発色はとても鮮やか

輝くような発色のネオンカラー8色と、やさしい色味のパステルカラー10色の全18色。パッケージをデザインしたデザイナーのホルマンセダー氏は「デザインスケッチの色づけには、スタビロ の蛍光ペンを使用している」と語っており、文字を強調するだけでなくドローイングや、塗り絵など、さまざまなシーンで使えるのがスイングクールの最大の魅力です。

次のページ
1つのペン先で2つの用途に使える