血圧高めの人要注意 予兆なく発症「急性大動脈解離」

写真はイメージ=123RF
写真はイメージ=123RF
日経Gooday(グッデイ)

この記事では、今知っておきたい健康や医療の知識をQ&A形式で紹介します。ぜひ今日からのセルフケアにお役立てください!

【問題】死亡率が高く、一刻を争う怖い病気の代表格ともいえる「急性大動脈解離」の説明として、間違っているものは以下のうちどれでしょう?

(1)大動脈の内側の膜が裂け、そこに血流が入り込み、膜がはがれていく
(2)胸背部の激しい痛みを伴うことが多いが、肩こり程度の痛みで済む場合もある
(3)急性大動脈解離で突然死した人のうち、2~3割が病院到着前に亡くなっている
(4)発症リスクが高いのは、60~70代である

答えは次ページ
次のページ
答えと解説