夏こそ冷蔵庫の節電 冷蔵室には隙間、冷凍庫は詰めて無駄をなくそう 節約生活のススメ

2021/8/12
写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

毎日24時間、1年365日動き続けている冷蔵庫は消費電力の大きな家電です。省エネルギーセンターの「家庭の省エネ大事典」によると、家庭で電気を多く使う機器は電気冷蔵庫、照明器具、テレビ、エアコンの4つで、消費電力量の約4割を占めます。なかでも冷蔵庫は最も消費電力量が大きく、全体の14.2%を占めています。

特に夏は、冷たいものを飲むために冷蔵庫を開け閉めする回数が増え、余計に電力を消費してしまいがちです。

今回は暑い夏にこそ気をつけたい、冷蔵庫の使い方をご紹介します。

まずは冷蔵庫周りの環境を整える

・直射日光を当てない

直射日光が当たって冷蔵庫全体の温度が上がってしまうと、それを下げようとして電力を消費してしまいます。朝日や夕方の西日が当たってしまうようであれば、窓にすだれをかけるなどして日差しを遮るようにしましょう。

・冷蔵庫の周りに隙間をつくる

冷蔵庫と壁の間は5cm以上空けるようにすると、放熱しやすくなり無駄な電力を消費しなくなります。また冷蔵庫の上に物を置きがちですが、これもNG。どうしても物を置きたい場合は、すのこを挟むなどして空気の通りをよくしておきましょう。冷蔵庫の上に乗せるサイズのすのこであれば、100円ショップでも購入することができます。

・設定温度を適切に

冷蔵庫の温度設定は、高・中・低の3種類や、1℃単位で設定できるものなどがあります。できれば冷蔵庫用の温度計を購入し、温度を計測しながら調整しましょう。無駄に冷やしすぎることを避け、節電につながります。

設定温度の目安は以下の通り。

・冷蔵室 1~5℃

・冷凍室 -20~-18℃

・野菜室 3~7℃

室温22℃の時に設定温度を「強」から「中」にした場合、年間で61.72kWh、約1360円の節電、節約になります(「家庭の省エネ大事典」より)。

・パッキンの状態チェック

冷蔵庫ドアのパッキンが緩んでしまうと、冷気が漏れて余計に電力を消費してしまいます。名刺サイズの紙を挟んでみて、パッキンに隙間がないか定期的にチェックしましょう。

また調味料の汚れなどがつきやすいところなので、まめに掃除することも大切です。

次のページ
冷蔵庫の開閉を減らす