日経PC21

クリック操作を快適にする

マウスのダブルクリックのタイミングがしっくりこない場合は、「ボタン」タブのスライダーでダブルクリックの速度を調整しよう(図18)。実際に試しながら設定できるので、好みのタイミングを見つけやすい。

図18 図10の要領で「マウスのプロパティ」画面を開いたら、「ボタン」タブを選択する(1)。「ダブルクリックの速度」のスライダーを左右に動かし、ダブルクリックの速度を調整する(2)。調整したら右側のフォルダーアイコンを実際にダブルクリックし、好みのタイミングでフォルダーが開いたり閉じたりするか確認する(3)。調整できたら「OK」ボタンを押す(4)

ドラッグの操作が苦手なら「クリックロック」という機能をオンにする手もある(図19)。マウスのボタンを一定時間押し続けるとクリック状態が保持される機能で、ボタンから指を離してもドラッグ操作が可能になる(ドロップする場合は、目的の場所でもう一度ボタンを押せはよい)。

図19 「クリックロック」は、マウスのボタンを一定時間押すとクリック状態が保持される機能。「マウスのプロパティ」の「ボタン」タブで「クリックロック…」をチェックし(1)(2)、「設定」で長押しの時間を調整(3)~(5)。「マウスのプロパティ」画面に戻ったら「OK」を押す(6)

なお、左利きの人がマウスを使用する場合、「主と副のボタンを切り替える」で左右のボタンを入れ替えられるので、ぜひ覚えておこう(図20)。

図20 ウィンドウズではマウスの左右のボタンを入れ替えることもできる。「マウスのプロパティ」画面の「ボタン」タブで(1)、「主と副のボタンを切り替える」にチェック入れ(2)、「OK」をクリックすればよい(3)

(ライター 柳谷智宣)

[日経PC21 2021年6月号掲載記事を再構成]