ペンケースが便利な小物スタンドに早変わり

家の中やコワーキングスペースなどで移動して仕事をする際は、持ち運びできるケースがほしい。そういうときに便利なのがソニック(大阪市)の「ユートリム スマ・スタ キャンバス地 立つペンケース」だ。見た目は普通のペンケースだが、ジッパーを開くと前面がパカッと前に倒れ、内蔵されている磁石で下半分のパーツに吸着して固定される。前面にはスマホや付箋などが収納できるポケットがついていて、ちょっとしたスマートフォンスタンド代わりにもなる。

ソニック「ユートリム スマ・スタ キャンバス地 立つペンケース」(メーカー希望小売価格1980円)のジッパーを閉じたところ。ペンケースとして持ち運べる
ジッパーを開いて前面を倒したところ。後ろにペンを、前に小物を入れることができる
下半分の設置部分が広くなってしっかり固定するため、スマホを入れても安定する

クリアファイルが「書見台」になる

自宅の食卓など狭いスペースで書類を広げたい際に、資料を立てておく「書見台」があると便利だ。一見するとただのクリアファイルだが、書見台としても使えるのが「ジリッツ クリアーファイル」(キングジム)だ。

ファイルの表紙にスタンドが内蔵されていて、それを広げることで自立する。これがあれば、資料を置くスペースがあまり広くなくてもいい上、資料を見ながら作業できるので便利だ。ポケット枚数は10ポケットと20ポケットの2種類で、カラーはピンク、キイロ、ミドリ、アオ、クロの5色。サイズはA4タテ型なので、A4の紙ならきれいに収まる。

キングジム「ジリッツ」(メーカー希望小売価格10ポケット660円/20ポケット935円)の背中にある三角の部分を引き出すと、スタンドになる
スタンド部分を引き出して立てたところ
デスクに十分なスペースがなくても資料を広げて参照できる

まだしばらくはテレワークが続きそうな状況。これからもテレワークに適した新製品が発売されるはずなので、定期的にリサーチしてみてはいかがだろうか。

(ライター 井上真花)

MONO TRENDY連載記事一覧