家電に「マイスペック」の新潮流 これさえできればOK大河原克行のデータで見るファクト

パナソニックの「ライス&クッカー SR-UNX101」(左)と「ビストロ NE-UBS5A」

新型コロナウイルス禍は、人々の暮らしに大きな影響を与えた。パナソニックが2020年6月と7月に実施した大規模調査によると、「魅力に感じる暮らし方」(3つまで)として最も多かったのは「今持っているモノを長く大切にするくらし」で、回答者の30.9%に上った。「できるだけモノを持たないくらし」(27.9%)、「家族や友人と過ごす時間を大切にするくらし」(20.4%)がこれに続いた。

多様化するライフスタイル

パナソニックでは、上位2つの回答が3割前後に達していることから、「コロナ禍で生活が変わり、必要なものを選んで暮らしを再設計する人が増えている」と分析する。

魅力に感じる暮らし方(出所:パナソニック)

ライフスタイルの多様化も、生活様式の変化をもたらす。

例えば少子高齢化の加速。20年には28.9%だった65歳以上の高齢者の比率は、40年には35.3%にまで増加し、19歳以下は16.5%から14.7%に減少すると予測されている(出所:総務省統計局、および国立社会保障・人口問題研究所)。

晩婚化や未婚化も進む。50歳時の未婚割合は40年には男性が29.5%、女性が18.7%まで高まる(出所:内閣府)。これにより単身世帯数は40年には39.3%に達する(出所:国立社会保障・人口問題研究所)。

一方で共働き世帯の割合も増加し、20年には68.5%と30年前より約20ポイント上昇した(出所:総務省)。

ライフスタイルの多様化で調理家電へのニーズも変化

一連の変化は、食生活に大きな影響を与え、調理家電のあり方を変えようとしている。「おいしく調理できるというニーズは不変だが、ライフスタイルの多様化に合わせて調理家電に求める要素も多様化している」とパナソニックでは説明する。

例えば、「とにかくシンプルで簡単に使いこなせないか」「自動調理はできないのか」といったニーズがある一方で、「調理方法をできるだけ細かく設定したい」「多彩な料理を作りたい」といったニーズもある。あらゆるモノがネットにつながるIoTなどの先進機能を求める人もいれば、デザインを最重視する人もいる。

今や「メーカーが決めたスペックでは、多様化するニーズに応えられない」とパナソニックも認める。

次のページ
機能をそぎ落とした「マイスペック家電」
MONO TRENDY連載記事一覧