コメンテーターの仕事 実はチームプレー(井上芳雄)第97回

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

井上芳雄です。6月30日に朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)にコメンテーターとして出演しました。5月14日に続いて2回目です。8時~10時25分の生放送に出演して、午後は渋谷のPARCO劇場で『首切り王子と愚かな女』の舞台に立つという忙しい1日でしたが、コメンテーターという新しい仕事に多くの刺激を受けました。

『スッキリ』(日本テレビ系)にコメンテーターとして出演した井上芳雄。6月30日の放送回

その日は5時くらいに起きて、6時半くらいに日本テレビのスタジオ入り。そして8時からの生放送のあと、渋谷に移動して13時から舞台の昼公演でした。そのころには起きてからだいぶたっているので、昼公演が夜公演に感じられるような時間の感覚でした。

テレビの番組では、司会は経験しているので、また違う立場で番組に関わってみたいと思っていて、コメンテーターにチャレンジさせてもらえることになりました。家では、毎朝テレビをつけているので情報番組を見てはいましたが、特に番組に詳しかったわけではありません。なのでバラエティー番組でのトークの延長線かなというくらいの気持ちだったのですが、実際に出てみると全然違っていました。

基本的には時事ネタを扱うのですが、例えば政治や経済について自分の意見を公にコメントしたことはなかったので、まずそこに緊張しました。そしてバラエティー番組と一番違うのが、放送の直前までネタを吟味していて、決まっていないことがあること。放送の直前にスタッフと、この事件でいきます、と打ち合わせるみたいな感じです。なのであらかじめ準備しようがないところもあって、それに対する緊張もありました。

MCの加藤浩次さんは、どんどんニュースを紹介していき、専門家の意見を聞いたり、コメンテーターに発言を振ったりします。何かを読んでいるわけではなく、全部自分の言葉なのですが、あまりによどみがないのに驚きました。それで急に「井上さん、どう思います?」と振られます。もちろん自分なりに考えていたりはするのですが、それをどう表したらいいのか、即座に言葉にするのはやっぱり難しい。コメンテーターは3人いて、誰が発言するか決まっているわけではなく、その場で加藤さんが振るので、いつ聞かれるか、どきどきします。5月に初めて出たときは、何も分からないので、そんな感じでした。

もちろん僕は政治や何かの専門家ではなく、舞台俳優なので、基本的にはその立場からしか言えないし、それでいいと思います。とはいえ当たり障りのないことを言っても、出ている意味があるのかという気持ちもあったし、無理して何かのメッセージを発信するのも違うなと。じゃあ、どうすればいいのか、あまりはっきり見えないまま、2回目の出演となる6月30日の収録に臨みました。

次のページ
ミュージカル俳優がコメンテーターをやる意味
エンタメ!連載記事一覧