目に注目! 夏の寝苦しさを解消する3つの快眠ルールストレス解消のルール

日経Gooday

夏の睡眠をスムーズにするコツは?(写真はイメージ=123RF)
夏の睡眠をスムーズにするコツは?(写真はイメージ=123RF)
日経Gooday(グッデイ)

暑くなると、必ず話題に上るのが「快眠」関連の情報だ。健康ジャーナリストの私(結城未来)の元にも取材依頼が急増する。睡眠関連グッズや情報がちまたにあふれる一方で、どれが良いのか悩んでかえってストレスに感じる声も少なくないようだ。実は、「睡眠と体温の関係」さえ知っていれば、思い悩むことはないという。しかも最新の研究で、「目の周りを温める」ことも、快眠の引き金になることが分かってきた。日本睡眠学会理事長を務めた日本大学医学部精神医学系客員教授・東京足立病院院長でもある内山真さんに「夏の睡眠」をスムーズにする快眠のルールを教わった。

◇   ◇   ◇

内山教授から最新のニュースが届いた。「目の周りを温めると、眠りやすくなる」という日本大学と花王の共同研究だ。

目の周りを温めれば緊張がほぐれて眠りやすくなるということなのかと思いきや、目の周りを温めると手足も温かくなって体内の温度が下がり、深い眠りへと誘われるという。この不思議なメカニズムは一体どうなっているのだろうか?

――内山教授「体温と睡眠の関係さえ分かれば、シンプルな仕組みですよ」

「体温」というのは、わきの下や口の中に体温計を入れて測るあの「体温」だろうか?

――内山教授「そうです。人間の体温には、おなかの中など体の内部の『深部体温』と暑いと汗をかく『皮膚表面の温度』があります。

『深部体温』は、口内・舌の下、耳の中などで測る温度。ちなみに、病気の際に熱を測るわきの下の温度は通常は体の内部の温度(深部体温)を反映しています。ただ、汗ばむ季節には皮膚表面の温度の影響を受けがちなので、正確な深部体温を測れません」

睡眠とどう関係しているのだろうか?

――内山教授「深部体温が高いと体の機能は活発になり、低くなると機能が低下します。これを医学に応用したのが、低温麻酔。体を冷却して深部体温を低く保つことで体の機能を抑え、麻酔として活用しています。通常の生活では、昼間覚醒して活動するときには深部体温を高く保ち、夜に眠る時には深部体温を下げて体全体を休息させる。体の中で約24時間の時を刻む体内時計のプログラムで動いています」

手足から熱を逃がすことで深部体温を下げる

眠る時にはどうやって深部体温を下げているのだろうか?

――内山教授「手足の皮膚が体外に熱を逃がすラジエーターの役割をします。人間は活動時にとった食べ物をエネルギーに変えて熱を作り出し、体温を一定に保っています。熱の産出を抑えても、体内の温度が下がるには時間がかかります。そこで睡眠時には手足の皮膚の血管を開き、血液の通りを良くして積極的に体内の熱を逃がすことで深部体温を下げています。こうして、私たちは自然な心地良い睡眠に入っていくことができるのです」

そういえば、眠る前に手足がポカポカと温かく感じることがある。入浴後のホテリのためだと思っていたが、どうやらそれだけではないようだ。

――内山教授「分かりやすいのは、赤ちゃんです。眠くなってグズる時には手足が温かくなりますよね? 体の中から熱を逃がして眠りの準備をしているのです。大人でも、眠る前には体温が下がり始めるので、手足の温かさを感じられると思いますよ」

手足の皮膚から熱を逃がすことで深部体温を下げ、自然な睡眠に入っていくという
注目記事
次のページ
目の周りを温めれば入眠までの時間が短縮、研究で明ら