神木隆之介・木村昴 「自分の終わり」考える機会に映画『100日間生きたワニ』

日経エンタテインメント!

マンガ家・きくちゆうきがツイッターに2019年12月から翌年3月までの100日にわたって投稿した4コママンガ『100日後に死ぬワニ』。そこで描かれたワニの100日間と、そこから100日後を描いたアニメーション映画『100日間生きたワニ』が公開中だ。ワニ役の神木隆之介、親友のモグラ役の木村昴に聞いた。

(写真:中村嘉昭、スタイリスト:百瀬豪[神木]、高山良昭(ヒカリトカゲ)[木村]、ヘアメイク:☆MIZUHO☆(vitamins)[神木]、原田琴実[木村])

神木 映画化すると聞き、まさかあのワニたちが動くと思ってなかったので驚きました(笑)。原作を見ていたので、お話をいただいたときは「ぜひやりたいです」とお返事しました。仲の良い中村倫也君(ネズミ役)も一緒のお仕事だったので楽しみでしたね。

木村 僕も「映画になるんだ!」っていうところに驚きました(笑)。実は最初マンガが話題になっていたときは、読みもせず「またまた~大げさに盛り上がっちゃって」って、ちょっと斜めに見ていたんですよ。でも、あまりにも話題なので興味本位で見たら、人によって解釈が変わるような描き方があったりして、すぐ引き込まれましたね。特に最終話は、「ワニ、本当に死んじゃったんだよな…?」って、いろいろ思いを馳せたことを覚えてます。

2人がワニとモグラの声を演じるにあたり意識したのはどんなことだったのか。

神木 上田(慎一郎)監督から、「ワニは正直で素直なキャラクターにしてほしい」って言われたんです。幼なじみのネズミとモグラとは近しい間柄だからこそ、つっけんどんな態度でも成立する。ワニが「こういうことをしてみたい!」と言っても、ちゃんと2人が巻き込まれてくれる信頼関係もある。場面ごとに、「このワニだったら、そうだよね」っていう説得力のある表現を心掛けました。後半はワニがいなくなったところから始まるんですけど、そこからはちょっと「(ワニがいなくて)何か足りないな」って観客の方に思っていただけるような雰囲気が出せればいいなと思って演じました。

木村 モグラは、ワニに対してつっかかっていったり邪険にしたりするんだけど、やっぱりそれはワニとの付き合いが長いからこそ。ワニが本気で受け取らないってことが分かってる。そこのキャッチボールがすごく良いんですよね。

神木 どのキャラも愛おしいんです。特にネズミが超かわいくて。

木村 めっちゃかわいい! ぶっきらぼうだけど優しいんだよなあ。

神木 それを中村倫也が演じてるのが、また合ってるなあって思いましたし。(マンガで)止まっててもかわいいんだけど、動くとまたかわいい。癖になるかわいさです。

注目記事
次のページ
映画独自のオリジナルも追加