HISが密かに増やすそば店 ランチやちょい飲みが魅力

HISが展開する「満天ノ 秀そば」四ツ谷店。一見してHISによる店舗だとはわからないが、会長兼社長の澤田秀雄氏の「秀」の字が店名に入る
HISが展開する「満天ノ 秀そば」四ツ谷店。一見してHISによる店舗だとはわからないが、会長兼社長の澤田秀雄氏の「秀」の字が店名に入る

旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)がそば店の展開を進めているという情報を得た。これは注目せざるを得ない。HISは、連結売上高4300億円(2020年度)の大企業。新型コロナウイルスで苦しんでいるとはいえ、旅行業界での存在感は絶大で、会長兼社長の澤田秀雄氏が一代で築き上げた企業グループとして有名だ。

それがなぜ、そば店?

HISは、旅行業が本業とはいえ、グループで長崎県佐世保市の「ハウステンボス」などのテーマパーク事業や、「変なホテル」などのホテル事業を手がけている。しかも東京・渋谷の商業施設、モディでロボットがコーヒーをサーブする無人の「変なカフェ」を出店したり、「ハウステンボス」内でロボット調理長がお好み焼きを作る「変なレストラン」を営業したり、外食事業とのかかわりがあるのは確かだが、こうした話題性を狙った店に比べると、「日本そば」は、いかにも「地味」だ。

「満天ノ 秀そば」飯田橋店、HISコーポレートカラーのブルーが爽やかに映る

店名は「満天ノ 秀そば」。2020年10月に埼玉県川越市に1号店をオープンし、現在、都内の飯田橋、神田、四谷にも店を増やし、4店体制だ。目立たないがジワジワと店を増やしている。ただし、店名が「満天ノ 秀そば」と「秀」の文字を使っていることから、「澤田秀雄氏の道楽じゃないの」とやゆする声も聞こえて来る。でも、そんなに単純じゃないだろう。

これは見てみないと分からない。最新店の四ツ谷店を訪れた。

次のページ
暑くなり始めの時期に「攻めてる」冷やしそば
メールマガジン登録
大人のレストランガイド