powered by 大人のレストランガイド

パリで「干物沼」にダイブ アジを干して知る奥深さ

パリの自宅の窓際で干すアジ
パリの自宅の窓際で干すアジ

ボンジュール! パリ在住ライターのユイじょりがお届けする「食の豆知識」。今回のテーマは、ごはんのお供に酒のさかなにと、日本の食生活に欠かせない魚の干物(ひもの)だ。

冒頭の写真は、ベランダがないパリの自宅の窓際で、筆者が魚のアジを干している様子である。

筆者は新型コロナウイルス禍における厳しい外出制限の中、日本への望郷の念にかられ、「なければつくればいいのよ」の精神で日本の味を自作することに並々ならぬ情熱を注いでいる。アジを干す前はイカの一夜干しやエイヒレなど、フランスで手に入らない日本の「珍味」と呼ばれるものたちを自作することに成功した。

パリの空を泳ぐ、イカ

自作珍味に続いて挑戦したのが、冒頭のアジの干物。そう、日本の皆さん、干物は普通に誰でもつくれる。マルシェ(市場)での偶然の出会いがきっかけで始まったひものづくり。その一連の流れをご覧にいれよう。

フランスでは、野菜、肉、魚、チーズなどの新鮮な食材が並ぶマルシェが、日常生活に深く浸透し、フランス人の胃袋を満たしている。東京23区の6分の1程度の面積しかないパリ市内だけで、約80ものマルシェが存在するそうだ。

パリ市内のマルシェの様子

筆者の住む近所でも月曜日以外、どこかしらでマルシェが開催されている。

とある日、いつものように買い出しに向かうと、マルシェの鮮魚店の軒先で出合ったのが、「Chinchard(アジ)」だ。近所のほかのマルシェの鮮魚店では見かけたことがない。

右下に見えるのがアジ。その奥には、フランスで手ごろで一般的な魚の代表サバが並ぶ

青魚に目がない筆者。店主に色々と尋ねてみると、このアジはスペイン・ポルトガル沿岸の大西洋で獲られたのだという。アジに出会えた喜びを伝え、とっさに「日本では刺し身や干物にして食べるのだ」と写真を見せてみた。

すると店主は驚いた様子を見せつつ、「基本、このあたり(パリのあるフランス内陸部)ではアジは食されないから、アジの刺し身や干物を見かけないのだろう。ただ、ポルトガル系や地中海沿岸出身の人はアジをよく食べるから、買っていくよ」と教えてくれた。

なるほど、アジはヨーロッパでも海に近い場所では食されているのだなと思いながら、大きめのものを2枚購入し、帰途につく。

突然のインタビューにも快く答えてくれた、鮮魚店店主のモムーンさん

さてこのアジ。刺し身にして食べたいのは山々だが、アニサキスや食中毒の危険もある。ではどうするか。干せばいいのだ!

次のページ
日本人と干物の深くて長い関係
メールマガジン登録
大人のレストランガイド