GU「五感を育むベビー服」 赤ちゃん視点で商品開発

「GU baby」がテレビ東京の赤ちゃん向け番組「シナぷしゅ」とコラボレーションした新商品を発売。Tシャツは親子でおそろいを着られるように大人向け(ユニセックス)も用意している
日経クロストレンド

ファーストリテイリング傘下のジーユー(GU)が、テレビ東京の赤ちゃん向け番組「シナぷしゅ」とコラボレーションした「GU baby(ジーユー ベビー)」の新商品を発表。2021年6月3日からオンラインストアで販売。11日からはフルラインストア(超大型店舗)で販売を開始した。

「赤ちゃんの視点」を加えた商品開発

ジーユーのベビーコレクション「GU baby」が、新たなシリーズを発売した。「東京大学赤ちゃんラボ」が監修するテレビ東京の0~2歳向け番組「シナぷしゅ」とのコラボレーションにより開発した商品で、人気キャラクターの「ぷしゅぷしゅ」をデザインに取り入れた全3アイテム。21年6月3日よりオンラインストアにて販売を開始した。

6月11日からはオンラインストアのほか、キッズ商品の取り扱いがある大型店舗、フルラインストア(超大型店舗)など全国のGU baby取扱店舗でも販売。また商品と連動し、実際に服を着ながら楽しめる動画や、服の成り立ちを学べる動画など、合計5本のスペシャルコンテンツも用意している。

今回のコラボ商品は「シナぷしゅジユウT(2WAYデザインT)」(1290円、税込み、以下同)と「ぷしゅポッケサマナルパンツ(イージーテーパードHPT)」(990円)、「ポケ付きビッグT(半袖)」(1690円)の全3アイテムでいずれもカラーは3色展開。キッズは80、90、100センチメートル。大人はユニセックスでXS~XXL(XS、XXLはオンラインストア限定サイズ)

新商品発表会に登壇したジーユー グローバル商品本部の平松修吉氏によれば、GU babyのプロジェクトは約2年前にスタート。大人同様のトレンドカラーを取り入れるなどの「ファッション性」、着脱させやすくかつ乳幼児自身の動きやすさに配慮した「実用性」、ホルムアルデヒドの規制基準をクリアするなどの「安心の品質」、そして「低価格」(セパオールは1490円、サマナルパンツは790円)という4つのキーワードを掲げ、商品を開発。21年2月22日に第1弾商品を発売し、「セパオール」(1枚ながらコーディネートしているように見えるカバーオール)、「サマナルパンツ」(イージーテーパードパンツ/おむつをしていてもお尻周りが気になりにくく“はくだけでサマになる”)を核に展開している。

ジーユー グローバル商品本部の平松修吉氏

平松氏によれば、GU babyは「ママ、パパ目線での商品開発にかなり力を入れている」。ほぼ毎月ヒアリングの機会を設け、ユーザー、ショップスタッフ、子育て中の社員の意見をフラットに集めているという。

「議論する中で挙がったのが、GU babyの商品は、(脱ぎ着させる)大人にとってはいい服だとしても、赤ちゃん自身はどうなのかという点だ。『着たいな。いいな』と乳幼児が思うのはどういう服なのか。その視点が必要と考えた」(平松氏)

そこで「赤ちゃん向けコンテンツのプロ」であるシナぷしゅに、約1年前に声をかけた。ただし当初から人気キャラクターのぷしゅぷしゅをフィーチャーしたコラボ商品の開発を目的にしていたわけではなく、「媒体は違えど、赤ちゃんのためのものづくりをしているという共通点から、『専門家に赤ちゃんの視点を教えてもらいたい』と考えた」(平松氏)のだという。

テレビ東京制作局で「シナぷしゅ」のプロデューサーを務める飯田佳奈子氏も、今回のコラボを単なるキャラクター商品の開発と捉えているわけではなく、「子供自身の発想力、空想力を高める体験になるのでは」と期待を寄せる。

「シナぷしゅ」の番組名の由来は脳の神経細胞と神経細胞の間にあるつなぎ目である「シナプス」で、コンテンツを見ることでシナプスをどんどん増やし、脳の発達につなげ、「ぷしゅっ」と赤ちゃんの世界を広げ、保護者の肩の力を「ぷしゅ~」と抜くという意味が込められていると、テレビ東京の飯田佳奈子氏
次のページ
赤ちゃんの感性を育む体験商品の開発
MONO TRENDY連載記事一覧