powered by 大人のレストランガイド

■4位 鶏肉のフォー(ベトナム)
440ポイント 味わい深い鶏のだし

【1人分】 フォー80g 鶏もも肉100g もやし50g 紫玉ネギ20g パクチー10g ニンニク1/2片 A〔水300ml 酒大さじ1 鶏ガラスープの素小さじ1〕 B〔ナンプラー大さじ1 塩ふたつまみ〕 サラダ油小さじ1 レモン1/8個

(1)紫玉ネギは薄切り、パクチーは3cm幅

(2)ニンニクはみじん切り

(3)鍋を中火で熱し油で(2)を炒める

(4)香りが立ったらA、鶏肉を入れ中火で煮込みアク取り

(5)肉を取り出し1cm幅のそぎ切り

(6)同じ鍋にBを加え中火でひと煮立ち

(7)フォーをゆでる

(8)もやしを500Wの電子レンジで2分加熱

(9)器に水切りした(7)を盛り(6)をかけ水気を切った(8)、(1)、(5)、レモンをのせる

ベトナム料理で親しまれる米粉の麺で、スープは優しい味わい。「鶏のだしがしっかり利き子供でも食べやすい。パクチー好きな人は多めに、抜きでもOK」(滝村雅晴さん)

(1)30分(2)400円

■5位 コングクス(韓国)
410ポイント 豆スープの冷製麺

そうめん200g キムチ100g きゅうり1/3本 ゆで卵1個 白すりごま大さじ2 ごま油適宜 A〔無調整豆乳400ml 塩小さじ1〕

(1)Aを混ぜて冷蔵庫で冷やしておく

(2)キムチはざく切り、きゅうりは千切り、ゆで卵は縦半分に切る

(3)そうめんは表示通りゆでて冷水にさらし、水気を切って器に盛る。(1)を注いで白ごまを振る

(4)キムチ、きゅうり、ゆで卵の順にのせる。お好みでごま油をまわしかける

冷たい豆のスープと麺の組み合わせ。「近所のスーパーでそろう材料で簡単にできる優良メニュー。余ったそうめんの新しい使い方としてもよい。おいしい豆乳を使うのが味の決め手」(福本由美香さん)。「豆乳でヘルシーに食べられる」(中川恵子さん)

(1)10分(2)330円

■6位 ビビン冷麺(韓国)
400ポイント 甘辛さがクセになる汁なし冷麺

【1人分】 韓国冷麺1玉 A〔料理酒大さじ1 酢大さじ1 コチュジャン大さじ1 ごま油大さじ1 粉唐辛子小さじ2 しょうゆ小さじ2 砂糖小さじ1 白いりごま小さじ1〕 トッピング〔チャーシュー2枚 キムチ50g きゅうり30g ゆで卵1/2個〕

(1)きゅうりは千切りにする

(2)料理酒はアルコールを飛ばし粗熱を取る

(3)鍋にお湯を沸かし、韓国冷麺をパッケージの表記通りゆで、流水で洗い、水で冷やす

(4)ボウルにAを混ぜ合わせる

(5)お皿に(3)を盛り付け(4)をかけ、トッピングをのせる

甘辛ダレを絡めて食べる韓国の伝統的麺料理。「キムチを常備している家庭も多く、ビビン麺は家庭で作りやすいのでは」(武蔵裕子さん)。氷をのせるとよりさっぱり食べられる。

(1)30分(2)300円

■7位 トムヤムクンラーメン(タイ)
370ポイント 甘酸っぱさが食欲をそそる

【1人分】 中華麺(生)1玉 豚ひき肉50g もやし50g エビ(ボイル)3尾 ナンプラー小さじ1 スープ〔水300ml トムヤムペースト大さじ2 牛乳30ml ナンプラー大さじ1/2〕 トッピング〔パクチー10g(3cm幅に切る) 小ネギ(小口切り)適量 ライム(くし切り)1/4個〕

(1)エビは殻と尾を取り、

(2)熱したフライパンで豚肉を炒める

(3)もやしを入れ油がなじんだらエビ、ナンプラーを入れ混ぜる

(4)麺をゆで水気を切る

(5)鍋で水を沸かし、スープ材料を入れ、トムヤムペーストを溶かし、ひと煮立ちさせる

(6)器に(4)をのせ、(5)を注ぎ、トッピングを添える

タイのスープ「トムヤムクン」がベース。「ライムを搾りパクチーを入れれば一気にタイの香り」(外処さん)。トムヤムペーストで本格的な味に。「即席麺でもOK」(滝村さん)

(1)30分(2)500円

次のページ
アジアの麺文化 各地で花開く
メールマガジン登録
大人のレストランガイド