【日本語訳】
バイデン米政権がロシアとの関係悪化に歯止めをかけるため対話姿勢を強めている。米国は19日、ロシアとの外相会談のタイミングにあわせ、ロシア産天然ガスの輸出を妨げる経済制裁の発動を見送った。ロシアとの関係を安定させて「唯一の競争相手」と位置づける中国への対応に集中する狙いがある。ロシアも対米関係を改善させ、中国に対する外交的立場を高めたい狙いだ。
「双方の指導者が協力すれば世界はより安全になる」。ブリンケン米国務長官は19日、アイスランドで開いたロシアのラブロフ外相との会談で力説した。ラブロフ氏は会談後、記者団に「建設的だった」と評価した。

nip … in the bud...に注目してみよう!

今回取り上げる単語は、nip … in the bud ...です。

記事の中では、...strengthening its stance on communication to nip the deterioration of relations with Russia in the bud.(ロシアとの関係悪化に歯止めをかけるため対話姿勢を強めている)とあります。nipはあまり聞きなれない単語かもしれませんが、「摘み取る」「取り去る」のような意味があります。また、budは「つぼみ」「芽」なので、nip … in the bud で「~をつぼみのうちに摘み取る」という意味になります。日本語でも「悪い芽を摘む」のような言い方がありますが、植物を成長させるためには、芽を早いうちに摘む必要があることから生まれた表現になります。

後まわしにしてしまうと、余計に厄介なことになりそうな物事を「早いうちに取り除く」「未然に防ぐ」ということを表します。ビジネスや日常生活において、問題が起こりそうなときに、早めに対処したい、ということを伝える慣用表現になります。

Speak up! 会話での使い方をみていきましょう。

【シチュエーション1】
A: It seems like Mike is quitting and taking a number of people with him.
 マイクが何人か引き連れて会社を辞めるようです。
 
B: We need to figure out why and create measures to nip it in the bud.
 詳細を確認して早めに対策を取らないとな。

ここでのmeasures は「対策」という意味ですので、create measures to nip it in the budで「それを摘み取るための対策をとる」のようなニュアンスになります。

【シチュエーション2】
A: We found a small problem in the development process.
 制作過程で小さな問題が見つかったようです。
 
B: We need to nip it in the bud before it gets worse.
 大問題に発展する前に対応しないといけないな。

nip it in the bud before it gets worse で「悪化する前に対処する」という意味になります。手遅れにならないように対応しようという場面で使います。風邪のひきはじめの相手に、You need to nip it in the bud before it gets worse.(ひどくなる前に対処しないと)のように使うことも。

【シチュエーション3】
A: Let's go somewhere else and have another drink.
 場所を移して飲み直そうよ。
 
B: You need to nip this excess drinking in the bud.
 飲みすぎる前に切り上げたほうがいいよ。

excess は「過度な」という意味ですので、お酒などを飲みすぎている相手などに対して、nip this excess … in the bud で「過剰な~はやめておこう」つまり「~しすぎないようにね」と喚起するような意味合いで使います。

次のページ
nip …...ほかにもこんな使い方
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら