powered by 大人のレストランガイド

ワインも多様性の時代に 地場ブドウ品種のお手ごろ白エンジョイ・ワイン(39)

個性的な味わいのワイン用地場ブドウ品種が今、人気だ
個性的な味わいのワイン用地場ブドウ品種が今、人気だ

企業の間でダイバーシティー(多様性)への関心が高まっているが、ワインの世界でも同じことがいえる。といっても人材ではなく、ブドウ品種の話だ。ワイン用のブドウ品種は、カベルネ・ソーヴィニヨンやシャルドネなどが有名だが、そんな一握りの品種による市場の寡占化が進んだ結果、どのワインも似た味わいになり、多様性が失われたとの指摘がある。その反動からか、最近は個性的な味わいの地場品種がひそかな人気だ。

現在、商業用に栽培されているワイン用ブドウ品種は、世界全体で約1500種類にも及ぶ。古代ギリシャ・ローマの時代からワイン造りが盛んだった欧州では、地方に行けば今も、昔からその土地で栽培されてきたブドウから造られたワインが多い。

だが、日本も含めたワイン新興国と呼ばれる国では、赤ワインならカベルネ・ソーヴィニヨンやメルロ、ピノ・ノワール、白ならシャルドネやソーヴィニヨン・ブランといったいわゆる国際品種と呼ばれるブドウ品種から造られたワインに人気が集中しがちだ。

オーストラリアの経済学者、キム・アンダーソンさんらの調査によると、2000年から16年の間に世界的に栽培面積が拡大した品種は、1位のテンプラニーリョを除けば、2~7位をフランス品種(カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー、ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ、メルロ、ピノ・ノワール)が占めた。栽培面積(2016年)でも、カベルネ・ソーヴィニヨンが1位、メルロが2位となるなど、フランス品種が上位をほぼ独占している。

国際品種の栽培面積が拡大する一方で、その土地固有の地場品種を見直す動きが近年、ワイン愛好家、生産者双方から起きている。一例が、ナチュラルワイン・ブームだ。有機栽培ブドウを使い酸化防止剤無添加のナチュラルワインは、地場品種から造られるものが多く、味わいも非常に個性的。

著名なワインジャーナリスト、ジャンシス・ロビンソンさんは、「今世紀に入り、世界の関心は、カベルネ・ソーヴィニヨンやシャルドネなど一握りの国際品種から、それらの代わりとなる品種に急速に移りつつある。そして、地場品種であればあるほど、また無名であるほど、関心を集めている」と自身のコラムに書いている。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド