男性と女性の「間」を取りたい

―― 井手上さんは「かわいすぎるジュノンボーイ」としても注目されています。普段から体について、意識していることはあるのですか?

井手上 ストレッチを頑張っています。私は身体が男性なので、筋肉や骨の付け方はやはり女性とは違うんです。でも身体が男性に寄りすぎてしまうのは、私は違うと思っているし、かといって、女性に近づきたいというのも違うので、その間を取るっていうのがすごく難しいところです。

何もしなくても、勝手に筋肉がつくこともあるんです。ストレッチをして体内の毒素を流したり、代謝をアップさせたりして、細身の身体をキープしています。

―― 食事にも気を付けていますか?

井手上 食事は基本的におなかがすいたら食べるんです。お菓子も食べますし、我慢はしません。でも母から、「今はそう言っていられるけど、年齢を重ねると食べた分だけ、脂肪になって身体に付くんだよ」って言われます(笑)。

―― メイクはどのように学ばれたのですか?

井手上 ほとんど独学です。YouTubeを見て学びました。いろんな人のメイク動画を見て自分に合うものを研究しました。最初はファンデーションの前にベースを塗るっていう基本も知らなくて(笑)。そこから勉強しました。

少年の主張での受賞、ジェンダーレスに生きる転機に

―― 現在は、ジェンダーレスな存在として活躍されていますが、つらい時期もあったようですね。ツイッターの投稿のトップには中学生の時に参加した少年の主張大会のスピーチの内容がありますが、悩んだ過去がつづられていますね。

井手上 少年の主張大会で私は全国で2位の文部科学大臣賞を受賞しました。そこで人生が変わったんです。でも、それまでは本当につらかった。あの頃に戻りたいとは思いません。

小学校に入学した頃は髪の毛も伸ばしていましたし、服装も女の子の服を着ていました。でも小学校5年生になると、学校で着替えをするとき男女別の教室に分かれるようになりました。私が仲良くしていたのは女の子。だけど、着替えは男子と一緒。やはりすごく嫌だったですね……。「自分は周りとは違う」と思い始めました。

(取材・文 齋藤有美=日経xwoman doors、写真 鈴木愛子)

[日経xwoman 2021年5月18日付の掲載記事を基に再構成]

私が描く、選ぶ、動き出す。/世代別&世代をクロスした情報を発信するWebメディア

20~30代向けの「doors」、働くママ・パパ向けの「DUAL」、40~50代向けの「ARIA」で、各ライフステージでのさまざまな働き方や生き方、本音の詰まった共感ストーリーをお届けします。また、健康・美容、マネーの深掘り情報や、変化の速い時代に知っておきたい時事テーマをタイムリーに発信。動画コンテンツやセミナー・イベントを通して、自分磨きや仕事のノウハウも学べます。無料登録で会員限定記事をお読みいただけるほか、メルマガをお届け。有料登録の方は、『日経xwoman』の特集や連載をすべてお読みいただけます。