ホームドラマ10選 懐かしの作品から「ぎぼむす」まで

1位 岸辺のアルバム (C)TBS
1位 岸辺のアルバム (C)TBS

コロナ禍で、ふと思いを寄せるのが身近な家族。テレビドラマはその姿を様々な物語に紡いできた。今こそじっくり見直したい作品を専門家が選んだ。

■1位 岸辺のアルバム (TBS)
890ポイント 社会に綻び 現実路線に

家族ドラマを革新した作品、と藤田真文さんが明言する「岸辺のアルバム」。

東京郊外、多摩川沿いの戸建てに住む中流の親子4人。幸福そうにみえるが、父親(杉浦直樹)が勤める会社は苦境にあり、妻(八千草薫)は不倫に走る。秘密が暴かれ、破綻する「アンチホームドラマの精神」(大山くまおさん)で家族ドラマを「リアリティー路線に変えた」(草場滋さん)画期的な名作だ。

絆を見失った時に「家族は何ができるのか」(中町綾子さん)。そんな強烈な問いを視聴者に投げかける山田脚本の重みを宇佐美毅さんは指摘する。高度成長が終息し、社会がほころび始めた時代を重ね合わせた物語に、太田省一さんは鋭い観察眼と批評性を見る。

クライマックスは1974年の多摩川の堤防決壊がモチーフ。「ニュース映像とドラマ映像を組み合わせた演出」(山下柚実さん)は臨場感満点。家族が嵐の中に集い、家が流される前にアルバムを持ち出す。偽りのだんらんも収めたアルバムは絆の再生の象徴とは言えない。それでも「この家族は“復興”したのでは」と山田美保子さんは希望をつなぐ。

ジャニス・イアンが歌う主題歌は筋立てに似合わぬ甘やかなメロディー。だが、その歌詞はシニカルで、あきらめの香りに満ち、妙にドラマの内容にシンクロする。

(1)(シリーズ)放送開始年 1977年(2)脚本 山田太一(3)主要な動画配信サイト Paravi(4)DVD・BD販売元 KADOKAWA

■2位 北の国から (フジテレビ)
860ポイント 21年、一編のドキュメンタリー

不器用だが、北海道の大自然のような包容力を持つ父親、黒板五郎を演じた田中邦衛。子供の純(吉岡秀隆)、蛍(中嶋朋子)と不便な暮らしの中で衝突し、葛藤し、慈しみ合う姿を、スペシャル版を含め21年間、丁寧に描いた。

「子供が成長し世相にリンクしていくさまが圧巻」(大山さん)、「視聴者もその成長を見守る家族の感覚になる」(藤田さん)。

山田さんは一家族と時代の変遷を追った一編の「ドキュメンタリー」になぞらえる。「夫婦不和や経済格差など世知辛い現実を織り交ぜた社会派ドラマ」(吉田潮さん)でもあった。

(1)1981年(2)倉本聰(3)FOD(4)ポニーキャニオン

■3位 寺内貫太郎一家 (TBS)
660ポイント 人情劇、コメディーの原型
(C)TBS

下町の石材店一家の人情劇で「今のコメディーのフォーマットを作った」(成馬零一さん)。小林亜星演じる頑固おやじが長男役の西城秀樹と取っ組み合う。祖母役の樹木希林が沢田研二のポスターを前に「ジュ~リ~」と身もだえる場面など「ポップな久世光彦の演出と向田脚本の融合」(田幸和歌子さん)が絶妙だ。

一方、足が不自由な娘など「古き良き大家族の陰の部分も描く」(大山さん)。ペリー荻野さんが感嘆するのは「痛みを抱える家族が気遣いながらもぶつかりあう描写」だ。吉田さんは昭和の家族の「寛容」を見る。

(1)1974年(2)向田邦子(3)Paravi(4)TCエンタテインメント

■4位 義母と娘のブルース (TBS)
500ポイント 泣き笑いさせる脚本 秀逸
(C)TBS(C)桜沢鈴/ぶんか社

血のつながらない母娘が、やがて本物の親子になる。よくある話だが、綾瀬はるか演じるキャリアウーマンが不器用に、純粋に「母親とは」を突き詰め、義理の娘との関係を築く姿に、中町さんは「家族のかけがえのなさ」を痛切に感じたという。

原作は桜沢鈴の漫画。母娘がすれ違い、歩み寄る「距離感の伸び縮みが光る」(山下さん)。小林幸恵さんは、キャリアウーマンらしい所作や愛情表現で泣き笑いさせる脚本が秀逸、と評価する。

産まなくても母になれる選択肢や、育児を通じた「自分の育て直し」。そんな「新しい時代の家族のあり方が提示された」(田幸さん)作品だ。

(1)2018年(2)森下佳子(3)Paravi(4)TCエンタテインメント

■5位 連続テレビ小説「あまちゃん」 (NHK)
440ポイント 震災にも向き合う意欲作
写真提供:NHK

アイドルになる母の夢を娘が実現する。成馬さんは「母親の呪いを娘が解く」ドラマと表現する。軸は祖母と母、母と娘の天野アキ(のん)という2組の母娘の物語だ。それぞれの時代描写や主人公の再生の語り口が巧みで「震災にも向き合った意欲作」(ペリーさん)。

別居婚や同居する元夫婦など朝ドラに「新しい家族形態を入れ込んだ」(吉田さん)点が新鮮で、男性より女性がたくましい。「これまでに朝ドラを見たことがない層に見せた」(山田さん)ゆえに「あまロス」なる言葉も生まれた。

(1)2013年(2)宮藤官九郎(3)NHKオンデマンド(4)NHKエンタープライズ

注目記事