金融へ転職、年収2500万円超えも 中高年層も活発化A.T.カーニー 筒井慎介シニアパートナー

金融・保険業の転職はほぼ全年齢層で年収が増加(写真はイメージ=PIXTA)
金融・保険業の転職はほぼ全年齢層で年収が増加(写真はイメージ=PIXTA)

転職と年収変化の業界別動向を考察してみます。今回は2010年と19年のどちらも3割以上の年収増加率が最も高い金融・保険業について、統計データからどのような傾向が見られるかをA.T.カーニーの筒井慎介シニアパートナーに聞きました。

図1 転職による年収3割以上増加率の全産業平均との比較 出所: 厚生労働省 雇用動向調査より、KEARNEY作成

金融・保険業の年代別の年収増減を見てみると、ほぼ全年齢層で同程度に年収が増加しています。さらに、10年から19年にかけては24歳以下の若手層および45~54歳の中高年層で年収が3割以上増加した率が大きく伸びており、金融・保険業への転職による年収増加率の伸びを支えていることが分かります(図1参照)。

図2 金融・保険業における年代別の転職による年収増減(2010年、19年) 出所: 厚生労働省 雇用動向調査より、KEARNEY作成

金融・保険業界の年収水準はもともと、他業界に比べ高いため(図3参照)、他業界からの転職は年収水準が上がりやすい側面もあると考えられます。しかし、若手層および中高年層の年収増加率の大幅な増加はそれだけでは説明が付かず、年収水準が高い他業界との差も説明できません。

デジタル・金融技術を優遇

金融・保険業は昨今のデジタル化の中でも、いち早く金融とIT(情報技術)が融合した「フィンテック」という言葉が飛び交い、デジタルを活用した既存業務の効率化やBPR(ビジネスプロセス・リエンジニアリング)のようなデジタルトランスフォーメーション(DX)1.0だけでなく、新しいサービスやビジネスモデル自体を刷新するDX2.0の変化に早くからさらされた業界でもあります。そうした中で、多様なスキルや経験を持った人材の中途採用に力を入れていたのではないかと想像されます。必ずしも金融の経験は無くとも、デジタル技術に精通した若手層や、デジタルリテラシー(知識)と金融リテラシーを併せ持った中高年層を優遇し、採用するといったことがあっても不思議ではありません。

次のページ
金融・保険業のボリュームゾーンは年収600~700万円と
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら