ダイソンVSバルミューダ 「ほうき型」掃除機を検証

日経クロストレンド

バルミューダが2020年11月に発売した「バルミューダ ザ・クリーナー」(写真左、税込み直販価格5万9400円)と、ダイソンが21年4月に発売した「Dyson Omni-glide」(写真右、同6万4900円)
日経クロストレンド

ダイソンは2021年4月7日、新型コードレススティック掃除機「Dyson Omni-glide」を発売した。ヘッドからサイクロン部、手で持つハンドルまで一直線になったデザインは、20年11月にバルミューダが発売した「BALMUDA The Cleaner(バルミューダ ザ・クリーナー)」をほうふつとさせる。「ほうき」をモチーフにしたような2機種は、掃除機に新時代の到来を感じさせるが果たしてどうなのか。実際に両モデルを使用し、検証してみた。

実は「似て非なる」フォルム

ダイソンとバルミューダ、一見すると2つの掃除機の印象は似ているが、よく見ると違いがある。Dyson Omni-glideはハンディー掃除機に延長パイプとヘッドが付属する、ダイソンが販売する従来のコードレススティック掃除機と同じスタイルだ。一方、バルミューダ ザ・クリーナーは昔ながらのアップライト型に近いスタイルになっている。

両機種のヘッド。写真左がバルミューダ ザ・クリーナー、同右がDyson Omni-glide。ダイソンのほうがコンパクトだ

Dyson Omni-glideには充電スタンドが付属しており、スタンドにぶら下げるように装着して充電する。それに対してバルミューダ ザ・クリーナーはアップライトタイプなので、充電台に置く方式だ。

どちらも電源ボタンを押して起動するが、掃除前とスタート後の印象は大きく異なる。バルミューダは電源オフ時はすごく重く感じるが(スティック時の本体質量は約3.1キロ)、オンにした途端にヘッドがすいすいと動く。軽い操作感と自在な動きを生む独自の「ホバーテクノロジー」によって、2つのブラシをそれぞれ内側に回転させ、床面との摩擦を低減させているのがバルミューダの特徴だ。

バルミューダ ザ・クリーナーはハンドル上部にモード切り替えボタンを兼ねた電源ボタンを配置する
Dyson Omni-glideはハンドル奥に電源ボタンとモード切り替えボタンを配置する

一方、ダイソンは360度回転する4つのキャスターホイールをヘッドに内蔵しているからか、電源のオン・オフを問わず動かした感覚はほとんど変わらない。スティック時の本体質量が約1.9キロと、もともと軽いこともあるのだろう。こちらもバルミューダと同じようにヘッドに搭載した前後2つのローラーが逆方向に回転する仕組みだが、それによって摩擦が軽減されて動きがスムーズになる、といったような変化は感じられなかった。

こうした差は、実際の掃除ではどのような違いとなって表れるのだろうか。互いの操作感について検証してみた。

バルミューダ ザ・クリーナー(写真左)とDyson Omni-glide(写真右)のヘッド。前後にブラシを配置するのは同じだが、サイズは大きく異なる。どちらもブラシの他、360度回転するキャスターが付いている

次のページ
ダイソンよりもヘッドが自由に動くバルミューダ
MONO TRENDY連載記事一覧