水泳・入江選手 米国で目の当たりにした強さの秘密五輪メダリストに聞く(下)

日経Gooday

前回の五輪後、どのように気持ちを切り替えたのか、そして東京五輪への意気込みを聞いた
前回の五輪後、どのように気持ちを切り替えたのか、そして東京五輪への意気込みを聞いた
日経Gooday(グッデイ)

今年4月に開催された競泳日本選手権で、背泳ぎ100mで8連覇、200mは14度目の優勝という偉業を果たした入江陵介選手。国内では敵なしだが、水泳を辞めたいと思うような挫折が幾度もあったという。

水泳よりも「明日どう生きようか」を考えた米国での生活

――前回(「水泳・入江選手 どん底で助けられた北島先輩の言葉」)では、金メダルを期待されたリオデジャネイロ五輪で、100m7位、200m8位という結果に終わり、どん底を味わったお話を伺いました。その後、どのようにして気持ちを切り替えたのでしょうか。

リオデジャネイロ五輪後、2~3カ月ほどゆっくり過ごし、自分の中に未練が残っていることに気づきました。でも、同じ環境でイチから再出発するのは正直、精神的にもキツイと思いました。ずっと指導してくださったコーチもリオ五輪で引退することになっていて、一度、ガラッと環境を変えなければ自分自身も変われないと思ったのです。そこで、拠点を米国に移すことにしました。

――北島康介選手なども米国でトレーニングしていた時期がありましたが、先輩たちの影響もありましたか?

そうですね。先輩たちが米国などの海外に拠点を移して練習されていたことも前例として見てきましたし、米国はずばぬけて水泳が強い国でもあるので、選ぶ決め手になりました。海外で練習したのは合計3年間でしたが、試合があると帰国していたので、1年のうち半分、米国で練習するというスケジュールでした。

――米国でトレーニングをして、自分の中で何が一番変わりましたか?

トレーニング以前に、何もかも初めての生活で。それまで一人暮らしも、車の運転もしたことがなかったので、生活に慣れることでいっぱいいっぱいでした。でも、それがよかったと思います。日本にいると、必然的に水泳のことを考える時間が長くなり、余計なことで悩み出したり、うまくリフレッシュできなかったりします。米国での生活では、水泳よりも「明日どう生きていくか」を考えるほうが長かったので、ネガティブだった自分をうまく切り替えられたのかもしれません。免許を取ったり、車を買ったり、車の保険に入ったりするのも、全部一人でやらなければいけない。英語はあまり話せなかったので最初は随分苦労しましたが、意外と何とかなるんだということが自信になりました。人として歩んでいるなと実感した期間でした。

――英語でコーチとコミュニケーションを取ることは?

水泳で使う単語に関しては、ある程度、理解できたし、雰囲気で言っている内容が分かったので、そんなに苦労しなかったですね。米国のコーチは、よく褒めてくれるイメージがありました。試合前も、常に良い状態だと声をかけてくれて、選手の気持ちを盛り上げるのが上手だなと思いました。

次のページ
米国の選手が本番で強い理由
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント