powered by 大人のレストランガイド

都内ミートソース人気3店 塊肉ごろっ、チーズ山盛り

肉の塊がゴロゴロ、濃厚でうま味たっぷりのミートソースが人気「トラットリア・グランボッカ 飯田橋」
肉の塊がゴロゴロ、濃厚でうま味たっぷりのミートソースが人気「トラットリア・グランボッカ 飯田橋」

ペペロンチーノにカルボナーラ、ジェノベーゼ、ボンゴレ……。

すべて「パスタのメニュー」の話をしているのだと、すぐ理解できる日本人は少なくないだろう。それだけ日本人とイタリア料理、特にパスタとの親和性は高い。なかでも「ボロネーゼ」の認知度は絶大だ。元はイタリア北部、ボローニャの伝統料理で、日本に入ってきたのは明治とも大正とも定かではないが「ミートソース・スパゲティ」としておなじみの、ひき肉を煮込んだソースだ。

都内ではここ2年ほど、たらこスパゲティやカルボナーラの専門店がオープンし、パスタが再注目されている。今回は日本のスパゲティの元祖とも言える、ミートソース(ボロネーゼ)で人気の3店を紹介する。

1店目は東京のJR飯田橋駅、目の前の「飯田橋サクラテラス」の2階にある「trattoria Gran Bocca(トラットリア・グランボッカ)」だ。同店を運営するセレソン(東京・渋谷)は、恵比寿の肉バル「Bistro CarneSio(ビストロ・カルネジーオ)」、神田にあるイタリアン「Trattoria Macco(トラットリア・マッコ)」、ホルモン焼き店「好(よし)ちゃん 飯田橋本店」などを展開し、軒並み大ヒット。「ミシュラン星つき店に行くほどではないが、おいしい料理、特に肉とワインを満喫したい」という大人のニーズをつかみ、新型コロナウイルス禍以前は1カ月前でも週末は予約が難しい状況だった。グランボッカもその一つだ。

テラス席のあるおしゃれな店だが、女性以上に肉好きビジネスマンも支持

グランボッカは定番のイタリア料理をそろえ、10種類以上あるパスタのなかでも「和牛のミートソース 自家製タリアテッレ」(ディナー価格、1980円)が一番人気。ミートソースというと具材は細かいひき肉と野菜が中心の印象だが、同店では肉の塊がゴロゴロ入り、味わい深くうま味も濃い。そのソースを自家製の平打ち麺に、たっぷりからめながら食べる。

ソースの秘密を副社長の加藤俊明さんに聞くと、「うちはホルモン焼き店や肉バルを10年以上続けていて、ミートソースもそのノウハウを生かして開発しました。合いびき肉にA5ランクの黒毛和牛のスネ肉をあえて繊維を残したまま加え、赤ワインを大量に使って煮込みます。長時間煮込みすぎると逆にうま味が飛んでしまうので難しいのですが、シェフが毎回最適な火入れで仕上げ、好評をいただいています」と話してくれた。

ミートソースはランチ・ディナーともに提供し、グループ客では必ず1組に1人は注文するという。おしゃれな店だがグルメな男性にもぜひ食べていただきたい、肉感あふれるパスタだ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド