在宅勤務の着こなし 信頼感高めたいなら紺、色を意識

各社が出してきた「アクティブスーツ」ならリモート会議でも違和感がない=岡村 享則撮影
各社が出してきた「アクティブスーツ」ならリモート会議でも違和感がない=岡村 享則撮影

コロナ禍でテレワークが定着したが、自宅で仕事をするときの着こなしに悩む人は多い。リモート会議で「失礼にならない」着こなしや、相手に好印象を与えるファッションについて専門家に聞いた。

在宅勤務の服装には「これが正解」という明確なルールがまだない。ビジネスパーソンの着こなしに詳しい服のコンサルタント、森井良行エレカジ代表は「ビジネススーツはオフィスのような無機質な空間でこそ似合うもの。自宅の場合はいくら片付けても生活感がにじむ」と指摘する。つまりテレワーク時代は「今までの『かっちりした見た目こそが正解』というビジネスファッションの常識が通用しない」のだ。

たしかに、部屋着のようなゆったりした服から、会社にいるのと変わらないフォーマルな服まで、リモート会議でみる装いはさまざまだ。プライベートな空間である家ではリラックスして仕事したい。しかしビジネスの場にそぐわないような悪目立ちはしたくない――。そんな“葛藤”も透けて見えるようだ。

そんな悩めるビジネスパーソンの味方が「アクティブスーツ」だ。伸縮性のある素材を使い、アクティブに動いても長時間座っていても快適。それでいてリモート会議でも違和感のない服装の総称だ。スポーツ用品メーカーや紳士服量販店で販売されていたが、テレワークの普及で一気に需要が高まった。今年2月にAOKIが発売した「アクティブワークスーツ」は上下で5000円程度という価格も注目されて完売。現在は夏向けの涼しい素材を使った第5弾の予約販売を受け付け中だ。

リモートワークの服装はビジネスに向く色を押さえたい。「基本色である黒、紺、グレーから選ぶと失敗がありません」(森井さん)。中に着るシャツは白が基本だが、淡い水色やピンクも画面映えするのでOKという。

自宅などからバーチャル背景を使って会議に出席する機会も増えた。そこで気をつけたいのは背景選び。せっかくビジネスにふさわしい服を選んでも「アウトドアやリゾートを背景にしてしまうと会議では浮いた感じに見える」(同)。カフェやホテルなど、実際のビジネスで使う場所の画像を選ぶと違和感がない。

次のページ
ブートニエールに注目