2021/6/14

基本のスーツは、以下の3タイプから!

選びのポイント その1 無地の場合は少し明るめを

スーツ26万5100円/サルトリオ(ストラスブルゴ)

スーツの基本カラーといえばネイビーとグレーの無地が鉄板。現在もその方向性に変化はなく、ただ、若干明るいトーンのものを選ぶドレッサーが増えています。シリアスでストイックなダークカラーよりも、軽快なライトカラーは、クリーンで明快に見えるところがポイントです。

写真の一着はブルーに近い明るいトーンのネイビーカラーが特徴的。ナポリの大御所、キートンの兄弟ブランドであるサルトリオは、本格仕立てとモダンなルックス作りがもち味です。ウールシルクに伸縮素材をブレンドした生地を使用しており、ドレッシーな光沢感をもちつつ伸び伸びした自由な着心地が味わえる一着です。

選びのポイント その2 ストライプは、ピッチが太めのデザイン

ストライプスーツ61万6000円/ブルネロ クチネリ(ブルネロ クチネリ ジャパン)

汎用性の高いパターンとして根強い人気を誇るストライプ柄。今季は余裕を感じさせるワイドピッチの柄に注目が集まっています。目安としては3~4センチくらいの間隔を持たせたストライプ。そんなゆとりある柄が、鷹揚(おうよう)なくつろぎを感じさせてくれるのです。写真の一着はドレッサーから強い支持を得るブルネロ クチネリの新作。

リネン・ウール・シルクのいわゆる三者混生地を使っており、ざっくりツイーディな味わいがリラックス感を高めます。定番的なウールスーツではちょっと堅苦しい。普段着でもスーツをチョイスしたい。そんな人にオススメの一着です。

選びのポイント その3 チェック柄はモノトーンを基本に

スーツ25万3000円/リングヂャケット(リングヂャケットマイスター206 青山店)

スーツスタイルにて個性を演出したい時に頼りになるチェック・スーツ。とはいえあまりに色やデザイン要素の多いチェック柄は着こなしが難しくなることに加え、そもそも今の気分ではありません。

今季着こなすなら白×黒色にカラーを絞った、控えめなグレンチェックやハウンドトゥースが最適です。シーズンによってはカラーペーンなどを入れ込むことのあるグレンチェックですが、今季は写真のようにあくまでモノトーンに徹した味付けがクール。なかでも本邦随一の名手であるリングヂャケットの新作は、日本人体形を考慮した逸品仕立て。

加えて男らしい広めのラペルや下がり気味のゴージなど、古き良き味わいが何よりの特徴です。着るだけで男の渋みが引き立つこと保証します。

お問い合わせ

ストラスブルゴ/0120-383-563 ビームス 六本木ヒルズ/03-5775-1623 フランク ミュラー ウォッチランド東京/03-3549-1949 ブルネロ クチネリ ジャパン/03-5276-8300 ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店/03-5772-5501 リングヂャケットマイスター206 青山店/03-6418-7855

※表示価格は税込みです。

写真/鈴木泰之(Studio Log) スタイリング/四方章敬 文/長谷川 剛(テーブルロック)

LEON

[ウェブサイト『LEON.JP』2021年4月14日公開の記事を再構成]


SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2022
SPIRE