未利用魚を調理してみた 捨てるのもったいないうまさ

ポケットマルシェの鮮魚セット
ポケットマルシェの鮮魚セット

数が少ない、調理しにくいなどの理由で捨てられていた未利用魚を食べる人が増えている。雑魚を生かせば海洋資源も無駄にしないで済むというが、おいしいのか。調理し食べてみた。

未利用魚の詰め合わせを扱う通販もある

まず手軽なものを試した。福岡市のベンナーズが未利用魚を積極的に使い、下ごしらえした商品を通販で届けるサービスを2020年から始めた。「フィシュル」というサイトでお任せ便6パックを注文した。東京の場合、送料込みで5630円。毎月の定期便にすれば送料が半額になる。

1週間後に届いた商品は、6パックに加えブリのカマのおまけも付いていた。マリネやしょうゆ漬けに加工されていて、火を通すかそのままでも食べられる。ブリやサバもあったが、未利用魚とされる聞いたこともない「イラの和風カルパッチョ」と「マトウダイのハーブオイルマリネ」を食べてみた。好みの味付けができるよう薄味にしてある。

イラはかみ応えのあるしっかりとした身で、少ししょうゆを垂らすと一気に和風の味わいになった。マトウダイは身が柔らかくオリーブオイルとの相性がいい。こちらは少し塩をふってみた。パンとワインが進みそうだ。後で調べると高級フレンチの素材にも使われるようだ。それぞれ2人前ほどの量はある。

ひげがあることから「オジサン」と名付けられたタイのような魚は加熱用。タイより脂が乗っていて、高級魚ノドグロのような味わいだ。塩焼きでもうまいだろう。ハーブオイルの薄い味付けだが、日本酒にもよく合う。これが捨てられることもあるかと思うと、いかにももったいない。いずれも九州北西部の玄界灘で捕れた新鮮な魚だ。

次のページ
クセのある魚は揚げるといい
メールマガジン登録
大人のレストランガイド