水泳・入江陵介選手 すごいプレッシャーの中で戦う力五輪メダリストに聞く(上)

日経Gooday

東京五輪代表の切符をつかんだ入江選手。五輪では競泳日本代表の主将を務める
東京五輪代表の切符をつかんだ入江選手。五輪では競泳日本代表の主将を務める
日経Gooday(グッデイ)

今年4月に開催された競泳日本選手権で、背泳ぎ100m、200mともに派遣標準記録を上回って圧勝し、東京五輪代表の切符をつかんだ入江陵介選手。100mは8連覇、200mは14度目の優勝という偉業を果たし、北島康介氏や松田丈志氏と並ぶ、4大会連続の五輪代表選出となった。背泳ぎの第一人者としてトップを走り続けてきた入江選手に、コロナ禍ではどんなマインドでトレーニングを積んできたのかを聞いた。

――新型コロナウイルスで五輪が延期になり、この1年、どんな気持ちで過ごされてきたのでしょうか。

五輪延期が発表されたのが昨年3月。当然ながら僕たち選手は東京五輪を目指して練習を積んできました。代表を決める4月の競泳日本選手権の直前に延期の知らせを聞き、行き場のない思いに包まれました。厳しい練習を積んで、選考会に向けて体もピークに仕上げてきたし、30歳(当時)の僕にとっても、4度目の五輪は集大成になると思っていましたので。

延期を受け入れてスイッチを切り替えることは簡単ではありませんでした。でも、海外選手のSNSを見ていると、街全体がロックダウンされて全く練習ができないという、日本よりも厳しい状況でした。準備できていない外国人選手が数多くいることを知り、そんな中で五輪を開催しても意味がないと思えたときに、やっと延期を受け入れられた感じです。

――コロナ下でのトレーニング環境は?

今までにない環境でした。やる気のスイッチが入る海外合宿はもちろんできないし、人数や時間に制限を設けた国内の同じプールで練習し続けることに、正直、モチベーションが上がらない日もありました。「五輪を中止した方がいい」という世論を耳にする中で、「本来のスポーツの価値とは何なのか」「僕たちアスリートは何を目指しているのか」と自問自答する時間も多くなったり、練習だけに集中しきれない時もあったように思います。

先が見えない「不確かな状況」で大切にしたこととは

――モチベーションが上がらないとき、集中しきれないとき、どんなふうに考えて乗り越えてきたのでしょうか。

「五輪に向けてやらなきゃ! 頑張らなきゃ!」と気負わず、自分を追い込みすぎないようにしました。まずは目の前の練習をおろそかにせず、課題をクリアし、1日1日を大切に丁寧に過ごそうと。もちろんコロナに感染せず、人に迷惑を掛けないことにも注意を払いました。

――モチベーションが下がらないように練習で工夫した点は?

逆に、あまり大きく練習内容を変えないようにしました。こんなときだからこそ、環境に振り回されず、自然体にマイペースで練習することが一番大事だと思い、特別な練習をしなかったように思います。どちらかといえば、ただただ耐え忍ぶというか、日常に戻るのを待つというイメージです。

この先どうなるか分からない不確かな状況で大切にしたのは、小さな目標を立てて達成していくこと。例えば、泳ぐときの体の動かし方は非常に重要です。右手がうまく使えていないと思ったら、トレーナーさんと相談し、その部分を重点的に強化して課題を克服していきました。

次のページ
五輪選考会は独特の雰囲気とすさまじいプレッシャー
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント