大人が持ちたいミニバッグ3選 表情・素材がユニーク

近くに出かけるには小さめのバッグが便利だ
近くに出かけるには小さめのバッグが便利だ

全国のアパレルショップの情報を集めたウェブメディア「FACY MEN(フェイシーメン)」。提供元のファッション系ベンチャー、スタイラー(東京・渋谷)が、月間100万人を超える利用者の閲覧情報を分析、次のトレンドを読み解く。




FACY MENのメディア内では「アウター」、「シューズ」のほか、「バッグ」に関する記事がよく読まれていた。

バッグに関連する記事の内容を見ると、「サコッシュ」が最も多く見られた。

サコッシュに限らず、ちょっとした外出時に持ち歩ける小ぶりなバッグ(ミニバッグ)に関心が集まっている。コロナ禍で遠出をする機会が減り、小さいバッグで十分と感じる場面が増えているのを反映しているようだ。いまミニバッグを手に入れるなら、大人にも似合うデザインのものを選びたい。FACYに登録する各店におすすめのミニバッグを聞いた。

ユニークな正方形のフォルム Tシャツと合わせても存在感

まずは東京都台東区の蔵前にある「WEEKENDER SHOP(ウィークエンダーショップ)」店主の芹沢伸介氏に話を聞いた。選んでくれたのは日本発の人気ブランド、STILL BY HAND(スティルバイハンド)が手がけた一品だ。

大人のカジュアルウエアを追求する日本発ブランドのミニバッグ。生地に用いた「コーデュラナイロン」は強固なだけでなく、コットンのような見た目も特徴だ。ストラップを取り外して、小物入れとしても使用できる2way仕様。 STILL BY HAND Pouch / 7700円

「正方形のフォルムがユニークなミニバッグです。ものを運ぶ“道具”としての側面だけでなく、アクセサリーとしても魅力的。シンプルながらどこか個性があり、さらには大人っぽい雰囲気も兼ね備えているのがスティルバイハンドらしいですね。税込みで8000円弱のリーズナブルな価格設定も支持される理由です」

カラーによって素材も異なる。色違いのブラックに用いたのはマットな光沢感が特徴のナイロン生地

アクセサリー感覚で身につけてほしいと語る芹沢氏。どのような着こなしに取り入れるといいだろうか。

「無地のTシャツとスラックスのようなシンプルな組み合わせに足すだけでも、こなれた印象を与えてくれます。『コーディネートが物足りない』という日に積極的に活用してほしいですね」

Tシャツとスラックスに合わせた様子。全体を同系色でまとめると、統一感が出る
次のページ
コンパクトな首掛けポーチ 財布としても使える
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram