コロナワクチン 花粉症や食物アレルギーでも大丈夫?Q&Aで学ぶ新型コロナワクチン(3)

写真はイメージ=123RF
写真はイメージ=123RF
日経Gooday(グッデイ)

4月22日発売の書籍『日米で診療にあたる医師ら10人が総力回答!新型コロナワクチンQ&A100』(コロワくんサポーターズ著)から主要なQ&Aの内容をお届けするシリーズの第3回。前回記事(「医師が解説『新ワクチン』 副反応、変異株への効果は」)に引き続き、新型コロナワクチンの接種に関するさまざまな疑問について答える。新型コロナワクチンが全国民に行き渡るまでにはなお時間がかかりそうだが、ワクチンに関する正しい知識を得て、来るべき接種に臨んでほしい。

◇   ◇   ◇

Q.11 新型コロナウイルスに感染したことがある人も、ワクチン接種をした方がよいのでしょうか?

A. はい、接種を受けた方がよいと考えられています。新型コロナウイルスに感染した後にどれほど長く免疫が続くのかがまだわかっていないため、ワクチンを打つことでより長く確実に免疫を続かせること、再感染を防ぐことを目的としています。ただし、今後の研究データの蓄積によって、こうした推奨は変更される可能性があります。なお、mRNAワクチンの臨床試験では、過去に新型コロナウイルスに感染した人も一部含まれていましたが、かかったことがない人との比較で同等の安全性が確認されています。

Q.12 食物のアレルギーがある場合、新型コロナワクチン接種は避けた方がよいですか?

(イラスト:串子)

A. いいえ、必ずしもそうではありません。英国・北米などでの接種経験から、英国では重度のアレルギーの既往があっても、新型コロナワクチンやその成分に対するアレルギーの既往がない限りはワクチンの接種を妨げるものではないとされています。米国においても、食物アレルギーのある人でも接種は通常通り可能としています。ただし、食物に対するアナフィラキシーの既往のある人は、30分ほどの接種後観察が必要とされています。

現在のところ、(1回目の接種で)ワクチンそのものに対するアレルギーを起こした人、アナフィラキシーの原因のひとつと考えられているポリエチレングリコールに対するアレルギーがある人以外は、新型コロナワクチンの接種を避ける必要はないと考えられます(2021年3月現在)。

Q.13 スギ花粉症ですが、新型コロナワクチンを接種することはできますか?

A. 2020年12月上旬に、米国でmRNAワクチンの接種を受けた医療従事者2人にアナフィラキシーが認められたことから、重篤なアレルギー疾患がある人への新型コロナワクチンの使用は、一時的に中止されていました。しかし、同月30日に、その見解は修正され、新型コロナワクチンそのものに対するアレルギーや、その成分に対するアレルギーを起こしたことがない限り、ワクチンの接種を妨げるものではないとされています。つまり、mRNAワクチンの成分であるポリエチレングリコールに対するアレルギーの既往がある、もしくは1回目の新型コロナワクチン接種で明らかなアレルギーが起こったという場合を除いて接種できます。

米国疾病予防管理センター(CDC)は、内服薬(または同等の注射薬)、食物、ペット、昆虫、毒物、環境中、ラテックス(ゴム)に対するアレルギーの既往歴や家族歴があっても、接種は可能としています。なお、米ファイザー、英アストラゼネカ、米モデルナの3社の新型コロナワクチンには、卵、ゼラチン、ラテックス、防腐剤は含まれていません。

接種の手順は? 他の市町村で接種するには?

Q.14 どのような手順で新型コロナワクチン接種を受けることになりますか?

A. 問診を受けた後、上腕を露出させ、腕の外側の筋肉が出っ張っている場所を消毒されて、そこに針を刺されます。薬液の量は非常に少なく、針を刺したらほんの数秒で終わりです。

その後、15分ほど(重度のアレルギーの既往がある人は30分ほど)アレルギー反応が見られないかの様子観察が行われます。万が一アレルギー反応が見られた場合、すぐにその場で対処ができるからです。何もなければ、そのまま帰宅が可能です。

接種当日は他のワクチン接種の場合と同様、多量の飲酒や激しい運動などは避けた方がよいでしょうが、それ以外は普段通りに生活することが可能です。

新型コロナワクチンの申し込みと接種の流れ

(第4回に続く)

(倉沢正樹=日経メディカル元編集長)

[日経Gooday2021年4月27日付記事を再構成]

日米で診療にあたる医師ら10人が総力回答! 新型コロナワクチンQ&A100

著者 : コロワくんサポーターズ
発行 : 日経メディカル開発
価格 : 990円(10%税込)

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。


ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント