N
女性
ファッション

2021/5/15

ファッション

ロングスカートで優美さを演出 上下でムードの変化を

ジャケットの下にベストを着て、スタイリッシュな着映えに

マニッシュな印象のジャケットに、フェミニンな表情のロングスカートを組み合わせると、硬軟ミックスの装いに仕上がります。互いの持ち味が響き合って、好バランスに仕上がるスタイリングです。

シャツとジャケットを兼ねた、米海軍下士官(CPO=Chief Petty Officer)由来の「CPOジャケット」はバサッとはおりやすい重宝ウエアです。ゴートレザーのジャケットは風合いのおかげで適度に穏やかな風情。足さばきに優れたストレッチコットンのロングスカートで合わせて、やわらかいシルエットに着地させています。ボリューミーなスカートに、アニマル柄のビッグバッグを添えることで、上半身のコンパクトさが際立つ仕掛けです。

胸元からチラリとのぞく鮮やかな赤のトップスが差し色に

メンズの定番アイテムであるブルゾンは、袖と腰まわりをリブ素材でキュッと絞ってあるので、ボディーに程よい立体感が生まれます。引き締まったシルエットに見せる効果も期待大です。

たくさんのポケットとファスナーがアウトドア気分を印象づけるブルゾンです。ゴートレザーの穏やかな素材感が上品な雰囲気を寄り添わせました。ゆったりめに着ることが多いアウターとは違い、めりはりを出しやすいのは、ブルゾンの魅力。デニムをたっぷり使ったロングスカートで優美なシルエットを描き出しました。ヌーディーな靴も夏らしさを足元に呼び込んでいます。

伝統的なクラフトマンシップとモダンな美意識の融合

「トッズ」は1970年代に創設された、職人の手仕事技に強みを持つイタリアのファッションブランドです。靴とバッグで知られていますが、ウエアや小物類も含めてトータルに提案。伝統的なクラフトマンシップを大切にしながら、モダンな美意識を注ぎ込んで、エレガントな装いに仕上げるテイストに日本でもファンが増えています。2021年春夏コレクションはアウトドア感としなやかさを巧みに溶け合わせました。

目先のトレンドに流されないサファリルックは夏のスタイリングに、適度なアクティブ感を迎えてくれます。新手法のセットアップを取り入れたり、ロングスカートでムードを変化させたりと、大人女性にふさわしい着回しバリエーションが広がっているので、サファリ未体験派もこの夏は試す価値がありそうです。

(画像協力)
トッズ
https://www.tods.com/
宮田理江
ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。多彩なメディアでランウェイリポートからトレンド情報、スタイリング指南などを発信。バイヤー、プレスなど業界経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした解説が好評。自らのテレビ通販ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。 著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(ともに、学研プラス)がある。
注目記事