20周年ツアー中止 無観客でライブ配信へ(井上芳雄)第92回

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

井上芳雄です。緊急事態宣言によるイベントの要請内容に基づき、デビュー20周年コンサートツアーの富山・大阪・福岡・東京公演が開催中止となりました。昨年延期が決まってから1年かけて準備をしてきたので残念ですし、楽しみにしてくださっていた皆さんには申し訳ない気持ちでいっぱいです。今は新型コロナウイルス感染収束のために最善を尽くすしかないので、気持ちを切り変え、5月8日に無観客でのライブ配信を準備しています。ゲストの方々を呼べるだけ呼んで、フェスティバルのような形にしたいと考えています。残念な気持ちを吹き飛ばしてあまりあるくらい、エネルギー全開で歌いまくって、元気あふれるライブにするつもりです。

『井上芳雄 by MYSELF スペシャルライブ 20th Anniversary Live Tour ~ギリギリ間に合った!井上芳雄デビュー20周年ツアー~』の千葉公演(4月24日/森のホール21)で熱唱する井上芳雄

全国5都市で8公演を予定していた『井上芳雄 by MYSELF スペシャルライブ 20th Anniversary Live Tour ~ギリギリ間に合った!井上芳雄デビュー20周年ツアー~』は、4月28日以降の7公演が中止。初日の4月24日の千葉公演だけ開催できました。ゲストには浦井健治君が来てくれました。緊急事態宣言への対応を発表する前でしたが、お客さまを入れてできる唯一の公演になるかもしれないと臨んだので、1曲入魂の思いで。30曲近くと曲数も多かったのですが、いつもと違った種類のアドレナリンが出て、どれも全力で歌い切りました。お客さまも状況を分かってくれていて、それぞれの曲に長い拍手をいただき、うれしかったです。ピアノの大貫祐一郎さん、ミュージシャンやダンサーやスタッフの方々もみんな頑張ってくれて、本当に祝福された時間。ライブは1回限りのものだというのが身に染みて、初めて感じた類いの喜びでした。トークも、ここで笑ってほしいと用意していたネタにちゃんと反応をもらえたので、悔いはありません。1回だけだったとしても、お客さまの前でできたのは大切な経験だったとかみしめています。

とはいえ、あと7公演が中止となり、楽しみにしてくださっていた皆さんには本当に申し訳ないですし、準備に多くの時間や経費をかけてくれたスタッフの方々の苦労を考えると、残念でしようがありません。コンサートを見ていただけないこともそうだし、急に興行が成り立たなくなった事態に、どう対処していくかも難しい問題です。

そんななかで今できる唯一のことが無観客ライブなので、ツアー最終日だった5月8日にライブ配信を準備しています。会場は国際フォーラム ホールAをそのまま使わせてもらい、中止になった7公演のゲストの方々に声をかけて、来られる方に来ていただき、フェスティバルのような形にしたいと考えています。普通にやるとゲストが1人か2人で30曲くらいなのですが、6、7人になると50曲を超えるかもしれません。そのくらいエネルギーを全開にして、歌えるだけ歌いまくって、皆さんに元気をお届けしたいと思っています。楽しみにしていてください。

さて、緊急事態宣言が発令される前、4月の後半は自分のコンサートツアーの準備を進める一方で、ゲストとしてショーやコンサートに呼ばれる機会が続きました。4月19、20、21日は松尾スズキさんが総合演出を手がける『シブヤデアイマショウ』というショー、4月20日は浦井健治君のコンサートに出演。4月20日は昼と夜で違う公演のゲストに出るという初めての経験もしました。ゲストは緊張もするのですが、呼んでいただけるのは光栄なこと。少しでも場を盛り上げられるよう、精いっぱいやっています。今回は、ゲストで舞台に出るプレッシャーや面白さについて書きたいと思います。

注目記事